FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

鉄コレ京王5000系を「さよなら運転」仕様にして且つグレードアップ改造をする2/2  

★京王帝都電鉄→京王電鉄


IMG_0688.jpg

古い時代を模していると思われ、まだ京王帝都電鉄の頃です。

違いはマーキングで、手裏剣マークとKTRマークを消して「KEIO」マークを貼ることで時代を直します。


塗装の上に印刷されているマーキング。

シンナーは使えないし、魔法の液体を使っても消えなかったので削り取ります。


IMG_0689.jpg

塗装を剥がさないように細心の注意が必要です。

特に手裏剣マークは帯のすぐ隣。

帯を削らないように気を付けます。

マスキングテープはそれの防護用です。


IMG_0686.jpg

できました!

削った擦り傷は、クリアーを吹いたら消えます。

塗装面を傷つけすぎたらクリアーを吹いてもダメなので気をつけましょう。



★帯

帯は、乗務員室付近で枝毛のようになる通称「ヒゲ」にします。

IMG_0800.jpg

専用インレタを使用するつもりでしたが、デコボコがあるところにインレタを貼るのは難儀だったので塗装にしてしまいました。


IMG_0830.jpg

いいですね!



★クリアー塗装

鉄コレのなんだか陳腐な塗装も、クリアー塗装をすればイイ感じに変わります。
手裏剣を消した跡もこれで消えます。

新設の帯の保護にもなります。

写真は忘れた。



★車番

車番も貼られていません。

こちらは最終編成ですから、それに対応した編成にするためにインレタを用意します。




市販品は品切れでした。

ちょうどメタリックインレタを作る用事があったので、一緒に作ることにしました。


京王車番Edit-PS2

今までよく使ってきたフォントとは違う、京王独特のフォントです。

これは似たフォントから描いていくしかありませんでした。

使わない数字も一応描いておきました。

最終編成ですから、

5722-5022-5072-5772+5723-5023-5073-5773

となります。


Keio5000EditAI-2.png

いいですね!


IMG_2183_20191220005501009.jpg

出来上がってきました!

いつもながら素晴らしい出来です!

IMG_2285.jpg

IMG_2286-2.jpg

さすがMade in Japanです!

貼りやすさ抜群でした!

サイズもOKです!



★ディティールアップパーツ

ディティールアップとしてジオマトリクスの前面サボをつけてくれと言われています。

「急行」などの種別を表示することができない5000系は、この前面サボに種別を表示していました。

このサボを表現します。


IMG_2240.jpg

0.1mm厚と思われるエッチングパーツ。

平面ですが、切り出してから折りまげてカタチを作ります。


IMG_2241.jpg

先に塗装しました!

差し込むサボは白、枠は車体色です。

車体色はGMカラー28番をベースに調合。


IMG_2242.jpg

できました!

IMG_2245.jpg

いいですね!

差し込んである白いサボは取り外し可能で、取り替えて遊ぶこともできます。

IMG_2289.jpg

ガラスにはドアステッカーを貼りました。

いいアクセントになります。



★ライト点灯化

目玉のひとつ、ライト点灯化です。

今回は各駅停車仕様ですから、ヘッドライトとテールライトだけです。

IMG_2269_2019122000465624f.jpg


ライトユニットはいつものチップLEDを使用するいつもの感じです。

床板の集電加工もいつもの感じです。


IMG_0799_201912190023138dc.jpg

薄い色の車体は光を通しやすいので遮光は入念に行いましょう。


IMG_2275.jpg

IMG_2276.jpg

いいですね!

いつもながら美しいです!

IMG_2267.jpg

これで完成です!


☆YouTube


クライアントから動画が送られてきました!

嬉しかったので、許可を取った上でちょっとだけ公開させていただくことにしました!


おわり
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/01/30 Thu. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京王5000系  鉄道コレクション  ライト点灯化  改造 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ京王帝都2700系にライト点灯化加工を施す  


IMG_3316.jpg

京王帝都のオールドスタンダード、グリーン車の2700系(鉄道コレクション)がやってきました。

今回はこの2700系にライトを取り付けてくれという依頼です!


IMG_3317.jpg

スタイルは以前手掛けた2010系に非常に似ており、パーツ構成も同じことから作業は同じようになるでしょう。


★台車、床板の集電加工


IMG_3402.jpg

T車の台車はTS-101で、今まで扱ってきた台車のなかで固定軸距(いわゆるホイールベース)が最も長いと思います。

たくさん作ってあったオリジナル集電パーツでは長さが足りず専用に新たに作ることになりました。


IMG_3403.jpg

床板はいつもと同じグリーンマックス製の集電板です。

転がり抵抗も少なくいい感じにできました!


IMG_3459.jpg

オマケで乗務員室仕切りを塗ってみました。

イイ感じです。

ライトを取りつけても乗務員室や室内がよく見えるのは私のライトの特徴です。

だから乗務員室もほんの少しアピールしたいと思いました。


★ボディ加工


IMG_3397.jpg

ボディ側は慎重を極める作業です。

こちらのテールライトに穴を開けるわけですが、表から開けるしかありません。

塗装もされて仕上がっているボディですから失敗は許されません。

テールライトはかなり際にあるため、光源とアクセスさせるために穴は斜めに貫通させます。


IMG_3404.jpg

うまくできました!

裏は光を通さないように念入りに遮光しました。


★ライトユニットを作る

ライトユニットはいつもの感じに近いですが、2010系と同じく1005サイズの超小型LED(たぶん市販では最小サイズ)をヘッドライトに使います。

1005とは、大きさが縦1.0mm×横0.5mmというもの。

厚みは0.5mmくらい。

米粒よりも小さく、普通は基盤に直接取り付けられるようなLEDです。

これにハンダ付けで配線をしようというのだからアホです。

実物換算でも15cm×7cmくらいで、ちょっとしたスマホくらいの大きさです。


IMG_0356.jpg

もはや裸眼は無理です。

拡大鏡を使います!


IMG_3484.jpg

前から欲しかった時計技師が目に着けるアレをついに手に入れました!

意外と簡単に手に入りました。

東急ハンズで普通に売ってました。

値段も思ってたより0が1つ少ないくらいの安さです!

1,500円くらい。

倍率は6.7倍。

これ以上の倍率を求めると5,000円近くなってしまいます。

作業性が格段に上がりました!


IMG_0359_20190217141107028.jpg

先にライトケースに組み込んでから車内に通し、残りの配線をします。


IMG_0362.jpg

組み込みは慎重を極めます!

ほっそいほっそい配線ですし、この距離でプラ車体と450℃のハンダコテが対峙します。(この写真は安全のためコテを冷ましてから撮影しています。また、特殊な訓練を受けていますので決してマネをしないでください)


IMG_0366.jpg

できました!

テスト点灯です!


IMG_0363.jpg

おお~

IMG_0364.jpg

いいですね!


IMG_0001_2019021714412071e.jpg

私のライトの特徴、車内完全シースルー。

オマケで塗った乗務員室仕切りがイイ感じに見えます。

ライトレンズは、ヘッドライトはもともとついていたやつ、テールライトはトレジャータウンの「私鉄標識灯C」の余剰パーツ。


★あれ?

試運転をしていたら、連結がやたら外れます。


IMG_0368.jpg

KATOカプラーと鉄コレカプラーポケットはそのままではうまく合わないので加工してやらないとダメです。


IMG_0169.jpg

中間先頭車のところは、TNカプラーを取り付けることにしました。

JC6364というもので、ボディマウント式ではありますがマウントが極端に小さく、ギヤボックスが張り出す鉄コレ動力にも努力すれば取り付けられるのです。


IMG_0172.jpg

T車は軸距が長くて台車の回転角度が著しく制限されましたが、R243カーブでもギリギリ大丈夫です。

上の写真はR243カーブレールにi置いてみたところです。



これで完成です!


IMG_0009_20190217144952379.jpg

IMG_0010.jpg

☆YouTube


かっこいいです!


2700系ライト点灯化、完了です!
関連記事

Posted on 2019/10/15 Tue. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  京王2700系  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ京王2400系にライト点灯化加工を施す  

京王のオールドスタンダード?のグリーン車2400系がやってきました!


IMG_3304.jpg

小さい!

1/150鉄コレです。

実物の車体長は14.134m、小ぶりなあの銀座線よりもさらに2mほど短いときたもんです。

短すぎて乗務員室専用のドアがないです。


今回はこの2400系にヘッドライトとテールライトを仕込んでくれという依頼です!

小さいとはいえ乗務員室スペースだけで完結するウチの方式のライトユニットなら問題なく取り付けられます。

しかし!

そんなウチのライトユニットでも苦手なものが…

IMG_3308.jpg


それがこういう形のヘッドライト。

日本国鉄型蒸気機関車とか旧型国電のようなオデコヘッドライトです。

今回は3Dプリントを使ってこの弱点を克服します。


Keio2400-HL.png

ヘッドライトパーツそのものを遮光ケースとし、機能と見た目を両立させます。

そのために3Dプリントでライトパーツを作り、中を空洞にして機能を付加。

プリントはいつもの白半透明でなく黒成形とします。


部品到着までは別の作業を進めましょう。



★集電加工

14mと短いので集電加工もいつもとちょっとだけ違います。

いつものグリーンマックス製集電板は18、18.5、20m級の3タイプしかありません。

14mの車体はこれら集電板を短く切って使うことになります。


IMG_3409.jpg

随分短くなりました。

上のものが20m車用、比べるとこんなに違います。


IMG_3410.jpg

台車も小ぶりですが、私の集電パーツなら問題ありませんでした。

車輪を集電タイプに交換し、完了。



★ボディ側

テールライトはいつもと同じ。

うまいことモールドに穴を開け、遮光を施します。


IMG_3462.jpg

IMG_3464.jpg

うまくねぇな…。

IMG_0008_20190126215932bc8.jpg


組み込む前に、なんだか陳腐に見えるボディをクリアー塗装してみました!

見違えました!

んが、写真ではわかりにくいなー。

グリーンのボディに白い線が映りこんでいるのがわかるかと思います。

よく見れば。



★解結問題解決

テストをしていたら、チョイチョイ連結が外れます。

原因はKATOカプラーとカプラーポケットの相性にあります。

KATOカプラーは上下のズレを許容し、それがある範囲を超えるとバイバイサヨナラしてしまいます。

トミックスのカプラーポケットに合わないということは位置が安定しないし、小型車のために線路の状態に起因する車体の挙動が大きく許容範囲を超えてカプラーが動いてしまうのです。

ここは、上下のズレを起こさないトミックスのTNカプラーに取り替えて解決しましょう。


IMG_0224.jpg

しかし、小型車の動力はギアボックスがここまで張り出しています。

ボディマウントは無理かなーと思っていたら、


IMG_0219_201901262218391cd.jpg

マウントがすごく小さくなったTNカプラーを発見しました!

JC6364です。

コレをさらに加工して使いました。

センター復帰バネは外さざるを得ませんでした。

IMG_0218_20190126221839ce2.jpg

こっち側の見た目は変わりません。

ここまで小型ならギヤボックスにも干渉しません。

さっそく取り付けましょう。


IMG_0245.jpg

できました!

大幅な加工は必要としましたが、機能は落とすことなく取り付けが出来ました!

取り付けにはネジを使うことで頑丈さUP。

M1×2mmという超小型のネジです。


IMG_0250_20190126221840e8c.jpg

相方も同じJC6364を取り付け。

こちらはセンター復帰バネはそのまま。


IMG_0248.jpg


IMG_0255.jpg


IMG_0251_201901262221402c1.jpg

いいですね~!

テスト走行は全く問題ナシでした!



★ライトユニット組み立て


IMG_0091.jpg

3Dプリント品ができあがってきました!(2つは予備)

真っ黒!

更に遮光塗装をして万全を期し、仕上がりの色を塗ってからLEDを組み込みます。


IMG_0095_20190126211452ff2.jpg

仕上がりの色は、ライトのリフレクターはメッキシルバーを使いました!

グレードアップされすぎです!

裏側は屋根と同じ色です。(厳密に言えば近い色)


IMG_0132.jpg

組み込んでから残りの配線はします。

余分に配線を使いますがしょうがないです。


IMG_0135_2019012621390033e.jpg

テスト点灯はバッチリ!


IMG_0138_20190126213902486.jpg

こんな感じにコンパクトに出来上がります。


★スナバ回路

IMG_0146_20190126213903ae7.jpg

動力車にライトを組み込んだ場合、逆起電力を受けて点くべきほうではないライトがチラつくという事象が起きます。

そのため、それをなくすためのちょっとした補助回路が必要になります。

「スナバ回路」と呼ばれているらしいです。

要するにノイズキャンセリングでキャパシタを使うのですが、モーターに見合った選定をしないと、常点灯コントローラー(PWMコントローラー)を使った場合にコントローラーのツマミをゼロにしても走り続けるという現象が起きます。

いくつも試してイイ感じの回路が組めました。

チラツキはまったく起きなくなりました。

ただし、キャパシタの作用によりフライホイール効果みたいなのが付加され、とても滑らかな走りになってしまい、急停車ができなくなりました。

感覚としてはKATOの電気機関車くらいの惰力。

まぁ滑らかになったんだからいっか…ということでクライアントにOKをもらいました。


IMG_0146_20190126213903ae7.jpg

写真のピンセットの先にあるものがキャパシタ。

これと抵抗器を組み合わせるのですが、それぞれの仕様はヒミツです。



★テスト


IMG_0227_201901262239164e5.jpg

おぉ~

美しいです!


IMG_0237_20190126223919d83.jpg

地下鉄運転士お墨付きの「照らす感」。

光漏れもありません!


IMG_0229_20190126223917e59.jpg

尾灯も美しいです!


転がり抵抗はさすがに少し増したということがわかります。

車体、軽いですから。

しかしチラツキはなくスムーズ。

動力車のほうも問題ありません!



★ドレスアップ

ライトがつくようになった側は連結しないのでダミーカプラーを取り付けます。


IMG_0258.jpg

ジャンパ栓には本物同様に色差しをしました。

グレー1色なことが多い床下にあって、こういった色さしは見栄えアップに非常に有用です!


★できた!

京王2400系グレードアップ完了です!


IMG_0263_20190228231634d39.jpg
IMG_0264.jpg
IMG_0267_20190228231633624.jpg
IMG_0265_20190228231631510.jpg

いいですね!

☆YouTube


試運転してきました。

小さいながらも存在感が半端ないです!

小型ボディでも私のライトが有用だという証明です!笑

これより小さいボディは…Bトレか?



在りし日の姿、復活です!
関連記事

Posted on 2019/04/27 Sat. 18:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  京王2400系  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。9:最終回  

最終回、総括です!


★題材

今回はメーカーも題材もマニアックな「さいどらいん製トロッコファミリー号」を作りました!

トロッコファミリー号とは、飯田線をかつて走っていた観光列車(客車列車)です。



★真鍮キット


IMG_2093.jpg

車体の組み立ては瞬間接着剤が想定されているようでしたが無視してハンダ付けにしました。

とっても頑丈で重い車体になりました。

パーツの整合性は、金属同士は悪くなかったですが屋根を乗せるときに苦労しました。


★困難な塗装

あとから取り付けられるパーツは少ないため、ほとんどカタチにしてからの塗装でしたので順番や塗り分け手順が複雑でした。

ボディに使用したのはGMからー21番アイボリー、16番青2号、ミスターカラー13番ニュートラルグレーです。

あと仕上げのクリアー。


IMG_2092.jpg

トミックスのスハフ12形は塗装を落として塗りなおしとしました。

IMG_2960.jpg

屋根はつや消し仕上げにして、クーラーは塗り分け。

上から見ても楽しくなりました。



★オリジナルインレタ

同梱のインレタは古くて使えなかったのでオリジナルを製作。

IMG_3645-2.jpg

製品に同梱されてない車番や、同梱のシールの模様の一部をインレタに置き換えて見た目を向上!

特に側面のキャラクターのマークの外周をインレタにしたアイデアは大成功!

インレタと言えば、くろま屋さんにも手間をかけてしまったのですが、とても丁寧な対応をしていただいて感謝しています!


★オリジナルステッカー

ステッカーのキャラクターは本物のトレースと自分の感覚で書き上げました!

特に女の子のほうは資料がほとんどなく、自分の感覚で描いた部分が大きいので感情移入してしまいます。

ウチの娘はやらん!

というわけにはいきません。

クライアントに嫁いでもらいます。


★テールライト点灯化

IMG_0057_20190111012926ebc.jpg

高すぎる車高と相談しながらテールライトの点灯も実現!

たぶん世界唯一。

そして室内視認性だとか耐久性、輝度、光漏れのなさなど、ライトの性能としてもきっと世界一。きっと。


★できた!

※クリックででかくなるよ
IMG_0063-2.jpg

IMG_0065-2.jpg

IMG_0068-2.jpg

IMG_0071-2.jpg


IMG_0074-2.jpg

かわいく描けた女の子キャラクターです!

家庭用プリンターだからこんなもんですが、同梱のステッカーよりは幾分よくなりました!

周りの枠がよくできすぎて馴染んでません笑

IMG_0087-2.jpg

私は自称愛国者です。

日本を守るために戦ったウチのじーさんは誇りです。

IMG_0078-2.jpg

私がコレに乗ることがあったら、このような写真を撮っていたでしょう。




★試運転!

ウダウダ言いましたが、走らないとしょうがないです。

試運転をしましょう。


IMG_0036_20190111021016bfe.jpg

いいですね!

緑によく映えます!

飯田線は半分は大自然を走りますから田舎風レイアウトを走らせました。

横の川が天竜川っぽくていいですね!

IMG_0051_2019011102101246a.jpg


EF58かED18、もしくはユーロライナー色のDD51かDE10がよかったですがなかったので手持ちの古いEF62に牽引してもらいました。

IMG_0028_20190111021014248.jpg

IMG_0026.jpg


☆YouTube


いいですね!

ライトはチラツキも全くありません!

これで全工程完了です!

掃除してお清めして、出場です!


★オマケ

IMG_0094_2019011101352608a.jpg

ケースに貼れるようにステッカーを作りました。

IMG_0093_20190111013527cee.jpg

うまく貼ればこうなります。

貼るかどうかはクライアント任せです!

IMG_0101_20190111013428fd6.jpg

側面キャラクターのグラフィック作成に時間がかかったのに、あまりにも小さくてなんだか悲しくなったので、ステッカーにして大きくしてやりました!

IMG_0098_20190111013429786.jpg


IMG_0103-2.jpg





★☆★さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。★☆★

★☆★おわり★☆★
関連記事

Posted on 2019/03/09 Sat. 15:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  JR東海  トロッコファミリー号  さいどらいん  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。8:展望客車組み立てB  

★ライト点灯化

目玉のひとつ、テールライトの点灯化です。

作例がただでさえ少ないトロッコファミリー号にあって、テールライトまで点灯するのはおそらく世界唯一です。


IMG_0141.jpg

テストは良好!

テールライトだけでいいので回路は簡単です。


IMG_0150_20190102135857d47.jpg

組み込みました!

ライトケースは真鍮引き抜きパーツを使っていますから、それに突き刺せるような形に既に整えてあります。

ピッタリはまりますから光漏れ対策も簡単に済みます。

目立たないように壁と同じアイボリーを塗っておきました。


IMG_0148.jpg

取り付けました!

テストはバッチリ!

コレは電力フルパワーです。

通常走行の電圧ではちょうどいいようになっています。


IMG_0155.jpg

ケースも目立ちません。

アイボリーに塗ったからというのもありますが、そもそも小さいので。


給電方法は色々悩みましたが結局いつものバネにしました。

集電板に直接ワイヤーを繋いじゃおうかと思いましたが取り回し用に長く取らなきゃならないし隠すのも大変なのでやめておきました。


IMG_0146.jpg

取り付けできたらこちらのライトレンズをハメます。

展望客車には全エンドにテールライトがあります。

もちろん全部真鍮引き抜きパーツで、レンズも同梱の専用品です。


IMG_0143.jpg

IMG_0144.jpg

だいぶ見た目が変わりました!

レンズに減光効果がありますから、光がマイルドになりました。(写真はあとで)

狙いどおりです!


★床板

懸念の床板です。

金属床板と集電板の間には前回書いたようなプラ板が入るから短絡は防げます。

問題は床下機器をどうかわすかです。


IMG_0182_20190102142536ac8.jpg

オハフ17-11号の床下機器は、0.5mmプラ板の台座をつけて位置(高さ)の調整をしています。

オハフ17-1号も同じ処置が必要ですが…。

集電板は0.2mm。

先ほどのの0.5mmの中に0.2mmのスペースを作ることで床下機器と集電板が干渉しないように出来ます。


IMG_0190_201901021425353fb.jpg

0.3mmプラ板と0.2mmプラ板を使って床下機器台座を作りました。

0.2mmのほうは少し小さく作って集電板が入るスペースを設けました。


IMG_0191_20190102142534516.jpg

こんな感じ。


IMG_0193_20190102143422b5e.jpg

こんな感じ。


IMG_0196.jpg

車掌室までの引き回しは極細ワイヤーを使い、ライトユニットのバネが当たるプレートを接続して取り付けます。


IMG_0203.jpg

テストは良好です!

台車の首振りは若干抵抗がありますが、走行には問題ありませんでした!

重い車重がいい方向に作用しました。



ここからは列車全体の仕上げです。


★色さし

展望客車両端のステップみたいなところにグレーの色さいをしました。

写真は下に登場します。


★ボーイズアンドガールズ

印刷したキャラクターのマークを所定の位置に貼ります。

周りの金色の枠はインレタがあるから切り出すのは中心のキャラクターの部分だけでOKです。


IMG_0215_2019010214155053d.jpg

シールは普通の家庭用インクジェットプリンターで印刷しましたので、下地として白い色が必要になります。

車体側のマークの中心部だけを白く塗っても大丈夫ですが、汚くなりそうなのでシールの裏から白い塗装をしておきます。

シールとしての機能が失われますので、糊の成分が入ったマークセッターを使って貼り付けます。


IMG_0217_201901021410057ca.jpg

丸く切るのは苦手です。

それは、私の心が尖っているからでしょう。


IMG_0219.jpg

貼る前に、輪の中を少しゴールドで色さししておきました。

ガビガビの切り口を誤魔化すためです。


IMG_0218.jpg

できました!

思ったよりいいですね!

金の枠をインレタにしたアイデアは大成功です!


★方向幕

方向幕も、同梱のものは微妙だったので作りました。

中部天竜⇔豊橋、豊橋⇔中部天竜の2種類。


IMG_0234.jpg

いいですね!



IMG_0262.jpg


最後にトレインマークを取り付けて


★わーい


IMG_0238.jpg

トロッコファミリー号、完成しました!


次回、総括して最終回です。
関連記事

Posted on 2019/02/13 Wed. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  JR東海  トロッコファミリー号  さいどらいん  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ