FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

中途半端から始まった東武8000系製作記12~人と人との間には仕切りなど存在しない~  

ラストスパートです!

付いていないもの、そして付けることができるようになったものを取り付け、完成させます!


具体的には乗務員室仕切り、スカート、幌、そしてジャンパー栓です!


乗務員室仕切りは10030系キットの余剰品を使用。

☆なぜ余る
まだたくさんあります


横幅が足りないのでプラ棒を足して補いました。

同時に窓も拡幅。

☆もともとあった部分を撤去しました
ポッチも撤去しました


キレイに繋いで平面にするのが難しかったです!

☆客室側のアイボリー
雰囲気だけでも…


カラーは4色。

客室側のアイボリーと運転席側のライトグリーン、イスのフラットグリーン、窓の縁のシルバーです!

☆キレイに平面は出していません
どうせ見えなくなるしね


乗務員室のグリーンは超古い京阪ライトグリーンをベースにグレーを混ぜ彩度を下げました。

イスのグリーンはフラットホワイトをベースにフラットグリーンとイエローと少々ミックス。

たくさんの種類の色とたくさんのカタカナを使いました!

取り付けます!

☆もともと板キットです
遮光のために裏を黒く塗っていた


給電バネが当たるので固定は少しヤッカイでした。

完全に固まるまでは床板とくっつけてバネの力が仕切りに加わらないようにします。

☆覗く
どアップにすると傷や補修箇所がわかりやすい


イイですね!

コレでライトがつくのです!


ガラスの透明度が低いのがもったいない!

東急8590系に使った透明度の高い前面ガラスのシリーズに東武8000系用もあった気がするけど…

高いからなぁ(´Д`)
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2013/02/02 Sat. 11:12 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  東武8000系  製作  ライト改造  グリーンマックス  GM 
tb: 0   cm: 0

中途半端から始まる東武8000系製作記11~ライトの明かりがとてもキレイね~  

8133号用のライトユニットとライトケースは既に出来上がっています。



8133号のライトはこんな感じ。

☆ライトユニット
1円玉は大きさ比較用

ライトユニットの姿はここで公開しておかないと表に出ることがありませんから…

将来何かの縁でこの8133Fをご覧にいれる機会があったら、中で一生懸命輝いてるコイツに想いを馳せてやってくれませんか。



このユニットではカラーフィルターは使わずにLEDに直接クリヤーカラーを塗りつける方法に戻してみました!


☆原模型店で頂いた万力
地味に便利だったりする


取り付けはとても簡単にできました!

経験を積んでキレイに半田付けができるようになったからだと思います!


☆ヘッドライト
もちろん前を照らします


☆テールライト
テールライトも少しだけ照らします


しかしなんでこんな小さな小さなLEDがこんなに強い光を出せるんだろう。

寿命も長いし、電気は食わないし。

そりゃ普及するわ!

発明した人はすごい!

LEDで唯一今問題視されてるのは「ブルーライト」なる光の波長かなんかだそうで。

石田あゆみではありません。



☆手付かず床板
給電用の穴は10年前にあけられている

スワップのせいでメチャクチャな順番になってしまいましたが、今から8433号の床板を仕上げにかかります!

使用頻度の高いであろうスイッチ!

☆スイッチ
曲げるのはやめました



☆コレにウエイトを乗せて床板完成
透明プラ板で絶縁

車輌が傾いて集電板がある範囲以上に動くとウエイトに干渉するのでウエイトを削って対応しました。

そうして床板は完成、スイッチは8433号も同等の操作性!




次回は細かい仕上げをします!
関連記事

Posted on 2013/01/27 Sun. 14:51 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  東武8000系  グリーンマックス  GM  キット  ライト改造 
tb: 0   cm: 0

KATO阪急6300系を「京とれいん」にする22~材料は再利用~  

えー、「ざいりょう」と「さいりよう」がかかっています。

漢字にするとわからないモンですね!



ではつくっていきましょう!

☆ライト周りの銀のパーツ
まさかコレが外れるとは思わなかった


こちらにライトケースの機能をつけていきます。

本来はテールライトのみの点灯のため急行灯の穴は開いていないので、まずはこの穴を開けます。

ズレたらカッコ悪いので慎重に、テールライトの穴と同じ大きさで開けます。

☆塗装も落とされました
穴の直径はちょっとずつ広げて確認

キレイに開きました!


次は裏の遮光壁ですが、今回もチャンネル材が活躍です!

☆東武8000系のぶんもある
超進歩です


テールライトと急行灯の奥行きをずらすことで壁を作る手間を省き、同時に急行灯の指向性を絞る目的も達成。

☆凹面をパテで埋めてあります
油断大敵「光漏れ」


取り付けられたこのパーツはライト同士の遮光。

次につける外壁はライトケースから外に対しての遮光。

☆こいつがないと運転席が明るくなってしまう
つまりダサい

この辺のパーツはあまりにも小さいので、ゴミに近いプラ棒の切れ端を再利用しています。

うーん、エコ!



東武8000系とほぼ同時進行なので、この感じが記憶に新しい方もいるかと。

仕組みはほとんど一緒です!


えー、組み立て終わった写真を撮るのを忘れました!




スキマがないか確認したら、次は塗装に移ります。


順番は、

ブラック

エナメルシルバー

外観色

となります。

外観色は、ちょっと奮発して「メッキシルバー」を使いました!

☆阪急の名に恥じないゴージャスさです
もちろん正面貫通扉のふちの色と合わせます

ヘッドライトケースはあの切り取られたパーツに壁をつけるだけのシンプルなつくり。

ちょっと分厚い材料を使いプリズムと干渉しないように取り付けました!

☆3528チップLEDが入ります
いくぶんゴツい

はい、こちらも途中の写真をすっかり忘れていました。

いきなりできていたり。

ブログのことを考えながら作業してないんです。

☆2灯の突起が見える
純正パーツです

かなり小さくまとまりました!

計算では正面から見たときフロントガラスには被らない。

うまくいったかどうかはもう少し先でわかります!
関連記事

Posted on 2013/01/16 Wed. 19:32 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  京とれいん  ライト改造 
tb: 0   cm: 0

KATO阪急6300系を「京とれいん」にする21~ライト配置考察~  

新しくなるライトケースの一部分は従来品を利用。
3タイプ必要ですが、すべて既存パーツの改造となります!

点灯パターンも今までと少し違います。

まずヘッドライトですが、前作の大阪市営60系と同じく正面貫通路上部に2灯のパターンで、このライトは既成のプリズムにより導光されます。

☆こんな感じ
6300ライト説明


ヘッドライトは1つのLEDで2灯を光らせる。

そして同時に「急行灯」が点灯します。

こちらは東武8000系後期更新車のような横長2灯の内側となり、外側はテールライト。

☆撤去前ライティングパーツ
この姿は見納め…


☆同撤去後
さようなら…


かなりスッキリしてしまいました!

プリズムの保持と正面遮光だけしてくれればいいので、こんなになってしまいました!

ここから新たに足すなりして常点灯超小型ライトユニットとなっていきます!
関連記事

Posted on 2013/01/13 Sun. 12:35 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  京とれいん  ライト改造  常点灯化 
tb: 0   cm: 0

KATO阪急6300系を「京とれいん」にする19~進化対価~  

今回、京とれいんに改造するほかに更に「常点灯化」の打診もありました。

京とれいんは通常「快速特急」運用とのことで急行灯が点灯するそうで、カトーのモデルでは急行灯が点灯せずさらに常点灯非対応というから、ならいっそのこと…と思ったワケ。

市販完成品のライトを改造するというのもやったことないからいいかなと!

☆更新工事されるライトユニット
この時代のスタンダードスタイル



カトーの阪急6300系のライトユニットは古いタイプと思われ、大きな遮光ケースがドドンと鎮座しています。

このケースはある程度生かし加工を簡略化したいと思います。


もちろん超小型ライトユニットを製作し運転席はシースルー。

新たに運転席仕切りを設ける予定です!

増設した窓も栄えます!



さて、ライト改造に際して車体側の加工を行います。
加工と言っても大したことはしないんですけどね…

現行のライトユニットを撤去し集電板を延長、いつもの感じに近づけます!

☆撤去
スッキリ



上の写真と比べたらだいぶスッキリしたことがわかると思います。

乗務員室もスケスケ!

増設した窓もスケスケ!



集電板の延長をするため床板をバラバラにします。

☆簡単かつよくできた機構
コレをパクッたわけじゃありませんからねっっっ!!!


トミックスは集電板がウエイトの役割を兼ねていますがカトーはセパレートされています。

私はカトーの集電方式を支持しています!


もともとの集電板のバネ機能に影響を与えないように場所を選んで半田づけしました。

☆スキマがポイント
ストロークを邪魔してはいけない




集電板の延長にはそのへんにあった適当な真鍮板を使用しました。

☆伸びて参りました
「適当」って悪い言葉じゃないんだよ




先っぽに給電バネが当たる板をつけて完成!

☆こちらも適当な真鍮板
思いのほか頑丈になってしまった




テストをします!

☆旧ユニット最後の大仕事
バネが当たる板に挟んでいる




いいですね!

台車の動きも邪魔していません!


床板はOKです!
関連記事

Posted on 2012/12/30 Sun. 10:52 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  京とれいん  ライト改造  急行灯 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ