FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

クロスポイント営団3000系製作記7・ライト改造  

第7回でもうラストスパートのライトです!

まとめすぎでしょうか。

こちらも例外なくチップLEDを使った超小型。


2014100420250000.jpg


先日東武2000系を作ったばかりで同じライト配置なのでサクサク進みました。


2014100420340000.jpg


2014100817450000.jpg

ヘッドライト2灯とテールライト2灯です。


2014100819470000.jpg


いい感じの光り具合で、2灯=1.1kΩというのはひとつの正解かも知れませんね。


テールライトは明るすぎました。

このタイプのテールライトは、実物は不安になるくらい暗いです。

東急8500系や京急の旧車がそうだと思います。

抵抗による減光もいいですが、今回は別の案を考えています。

それはもう少し先。


2014100818590000.jpg


最後の組み立てをしながらライトレンズの処理です。

ライトレンズはうしろからはめ込む構造ですがライトケースがあるので無理。

前からはめ込むのも無理でしたのでこのパーツは使わずにUVジェルクリアーで表現することにしました。

2014102616470000.jpg


2014102616510000.jpg


テールライトのクリアーパーツはもともとありません。

だって穴さえ貫通してなかったくらいだもの。

先ほどの強すぎるテールライトを減光させる役割も持たせるようにクリアーレッドの塗料を流し表現としました。


2014100819480000.jpg


いいですね!


2014102616490001.jpg


完璧です!

カッ!となっています!


次回は最後の細かい組み立てをして完成まで持っていきます。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2014/10/27 Mon. 20:30 [edit]

category: 帝都高速度交通営団・東京メトロ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  クロスポイント  営団3000系  改造  ライト 
tb: 0   cm: 0

KATO阪急6300系を「京とれいん」にする25~ライトユニット~  

ブログが追いつかなさすぎて泣きそうです!


中間車は組み立てが終わりました。

☆電車の形
阪急だ阪急だわーいわーいわーい!!!



あとは先頭車のみ!

先頭車はライトとの兼ね合いがあるので組み立てもライトに合わせて進行します。


今回は心臓部のライトユニットを作ります!

前述のとおり今回はいつもと少しパターンが変わり、前進するときは3箇所が点灯となります。

ヘッドライトと急行灯です!

イメージとしては東武8000系のような隣り合わせの急行灯・テールライトに103系のようなオデコライトが着く形。

これらは独立したLEDにより点灯とします!


接続はテールライトは通常、ヘッドライトは3灯分を直列に繋ぎました。

☆概略配線図(登場2回目)
6300ライト説明(登場2回目)


もちろん使用するのは0.07mm超極細ポリウレタンエナメルワイヤー!

浅草のホワイトモデルで販売中です!(回し者ではありません。地域の模型屋を支持してるだけです)


普通パターンなら左右の接続は共通配線として1本で済んでいたのですが、1灯増えたことで不可能に。

配線の取り回しが少しだけ複雑になりました。

共通線に抵抗を入れる接続も不可能に。

☆というわけで給電バネに隣接
短絡注意


3つ直列に繋いでしまったので少し輝度が落ちますが、おそらく問題ないレベルかと。

60系のときのような明るさはないと思いますが、元の電球ヘッドライト並かそれ以上には光るハズです!


☆できてきた
エナメルワイヤーをたくさん使ってしまった


なんだか複雑に見えるのは、おそらく線が増えたから。

ちゃんと繋いだら、さっそく点灯試験です!

☆こんなちいさなえるいーでぃーがあるんだ!ぼくもコレつくってウォルトにプレゼントしてあげよう!と思いながら輝きを見つめるデール、略して「ちっプとデール」
この子の大きさなら簡単に作れるでしょう。Nゲージに乗ることもできるでしょう。


チップLEDとデールネタはもうこれで最後です!


ところでウォルトはNゲージをやるのでしょうか。

5インチライブスチームに乗る写真なら見たことがありますが。
関連記事

Posted on 2013/01/29 Tue. 21:16 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  京とれいん  ライト  改造 
tb: 0   cm: 4

京阪9000系(Nゲージ鉄道模型)全般検査  

本物のではありません。

先日入場してきたグリーンマックスの京阪9000系です!

10年前、京成3700形を預かったのとほぼ同時期にライト点灯化と動力改造を手がけた一品。



車両を調べて修繕が必要な箇所を洗いだしどの規模の修繕を行うか判断してもらいます。

外観や機能すべてチェックします。

☆車両センターっぽい風景
関西勢が若干押してる


クーラー周りは接着剤のはみ出し、塗装ミス。

☆モールドが潰れてる
これはもったいない



足りない部品をなんとかする。

☆苦心の代用か
これはカトーカプラーですな



列車無線アンテナは傾き、接着剤のはみ出しが目立ちます。

ガラスも外れてしまった。

☆かっこ悪い!
クリアな視界をお約束!窓なし電車!



床下機器のつけ直し。

☆解体寸前の電車はこんな感じ
コイツはウチに来たからには復活するんだ!



床下機器は、コンプレッサをHS-20にするのは確定。

あとは動力ユニットのVVVFの加工。


さぁ、先頭車の中とライトユニットを見てみましょう!

☆カパ
10年前の空気かなぁ


苦心の配置ですね!

座席をできるだけ潰さないようにケーブルで電気を引いています。

これを現行仕様の集電板にするなら、座席を残したことが実を結びます!

☆ライトユニット拡大
恥ずかしいよぅ



ライトの心臓部です!

トミックスの常点灯基盤0773を少し改造しています。

電球が2つありますが、これは標識灯(急行灯)を点灯させるための工夫。

上の電球はヘッドライト用、真ん中が急行灯、一番下がテールライト。

テールライトと急行灯は同じところが違う色でが光るので、そこを目がけて基盤が下を向いています。

☆後ろから
邪魔くせぇライトケース!


随分場所を取っていますが10年前ではこれが精一杯でした。

今なら乗務員室もほぼ再現されます。

パーツはとってあるハズなので。

☆この頃から作っていたプリズム
黒く塗っているのは遮光のため


このライトの経年劣化はおれの経験不足が絡んでる節もあります。

もちろん当時としては精一杯やったのですが、あとから見ると「これはちょっとなぁ~」と思う部分もあったりする。

その場合は「無償」で修繕してあげるべきだろうか。

まぁ、今修繕しようとすると現行方式に切り替わりますけどね!

修繕というよりは「進化」という表現が適当でしょう。
関連記事

Posted on 2012/12/05 Wed. 21:33 [edit]

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  京阪9000系  グリーンマックス  ライト  修繕  検査 
tb: 0   cm: 0

中途半端から始まる東武8000系製作記@~ライトパーツ今昔~  

ライトまわりを作ります!


グリーンマックスの東武8000系のライトまわりは何度も変貌を遂げていました。

今回はライト点灯化と絡めて振り返ってみたいと思います!




おれが扱った最も古いパターンはライトケースが顔パーツと完全一体となっているパターン。

☆エコノミーキットでしか見たことない
今やレアな板キット

ライトレンズパーツももちろんある。

ちなみに過去の東武20000系のライトケースはここから拝借。




次がライトケースが別パーツで、透明パーツで再現されてるパターン。

☆塗装済み板キットの頃
人生初のグリーンマックスとなった車両です





一番新しいのがライトケースはプラ製で別パーツのパターン。

☆現行仕様のハズ
コイツは使えそう!と運命的なものを感じました

HIDライトも再現可能です!

登場したての頃の8556Fを計画しています!




☆車体はこちら
制作予定

クロスポイントブランドで販売している未塗装の一体型ボディキットです!





おれがグリーンマックスに手を出した頃には透明パーツのパターンでしたが、これではライト点灯化をしたら不恰好になってしまう恐れもあった。

遮光も無理があったので。

なので、当時エコノミーキットで採用されていた完全一体のパターンを探して作り上げようとしているのがこちら。

☆エコノミーキットも見かけなくなってきた頃に探し回った
コイツも「中途半端な8000系」





今回の8133Fはライトケースが別パーツのエコノミーキット。

透明パーツでライトケースを再現することになっていたと思いましたが(記憶が曖昧です)、ある時にちょうどプラ製ライトケースの存在を知り、バラパーツを仕入れてきました。

☆この状態で売っていた
コレも何度も秋葉原に足を運び…


なかなか東武8000系が再生産されない時期でして手に入れるまで時間がかかりましたが、手に入れてからも別の依頼ばっかりやっていたので…

しかしその間に技術が向上し、結果超小型ライトユニットを仕込むに至りました。

待った甲斐があったわ~(笑)


ライトケースがプラで別パーツになって利点ばかり!
完全にライトユニットをケースに仕込んでから車体に取り付けられます。

運転席のディテールアップがしやすい!

遮光もしやすい!

車体を汚すリスクがない!

この8000系8133Fは見栄え性能すべてに於いて過去最高最強のライトになると思います!
関連記事

Posted on 2012/11/03 Sat. 17:15 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  グリーンマックス  GM  東武8000系  歴史  ライト  変貌  板キット 
tb: 0   cm: 0

朽ちたストラクチャーを復活させよう!3  

ライティングを生かすも殺すも今回の作業の出来次第。

☆この姿はおそらく見納め
生まれ変わるよ


より実感的にし、遮光を施し、ほぼ空洞となってる内部に壁を設け「部屋」を成立させます!

まずは一旦バラバラにされます。

☆バラバラ
「建築中」にもできると思う


パーツは少ないので細分化ができません。


ネジで本体と屋根と正面ガラスパーツがつながっているためネジを通すための穴と棒があります。

これを撤去し平滑化します。

☆固定方法はあとで考えます
わざと少し残してみます

ここから実感的になるように加工しますが、塗装の都合もあるので「ある程度」にとどめます。



何年も放置され、その前も汚い手でベタベタ触っていたのでまずはそのヨゴレを落とします。

泡がちょっと黒くなってビックリ。

どんだけ汚れてたんだよ。


洗うと、このストラクチャー製品が整形色そのままというのが際立ちます。

☆プラスチックが型に流れた跡
えーと確か… …忘れた。

☆見えなくなるところに空気穴などを通したんでしょうか、ガビガビです
でもツヤツヤ






次に天井パーツの繋ぎ目となるプラ角棒を接着。

天井と2F床はあとから取り付けるので繋ぎ目で光が漏れる可能性があるのです。

このへんはヘッドライト点灯化で得た経験が生かせます!

☆この棒でせき止めます
余った棒で適当に

流し込み接着剤でプラ棒と店本体を隙間なくくっつけます。




出来上がったら各パーツの内側に遮光色となるブラックを塗ります。

ブラックonツヤ消しブラックです。

つや消しブラックは、平滑化されていないので乱反射させてつやが消えるので、ツヤ有りより光を通しにくいと考えています。

シュー

シュー

こういう表面に出ない塗装をするときに限ってキレイなツヤが出るんですよね。

悔しいです!

☆キレイなツヤの1階部分
おれは本番に弱いのか…


乾いたらその上につや消しブラック!

☆乱反射させる
完全に乾かないと2層構造にできない


しっかり塗り、光を通さないことを確認します!

☆確認します
蛍光灯にかざしています


いいですね!

遮光とは、ただこれをするだけでも大きく仕上がりを変えることができる工程です。

改造としては基本中の基本です!(カタログに書いてあるくらい基本)

この遮光も上級を目指しますからね、先ほどの天井繋ぎ目の角棒もそのひとつです!




長くなったので今日はここまで。

ライティングの基本、「遮光」でした。
関連記事

Posted on 2012/09/27 Thu. 23:01 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  ストラクチャー  改造  ライト  室内灯  トミックス  商店 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ