FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ3/3:ボディ塗装・完成  

★変わりゆくボディ

ここからは高級塗料でグレードアップです!


順番はグリーン→ベースグレー→テカテカシルバー→(前面のブラック)→マットなシルバー→屋根グレー

です。


グリーンはツヤありである必要があります。

テカテカシルバーのためには平滑な下地が必要だからです。


IMG_0278.jpg

できました!


IMG_0286_20200118110911930.jpg

マスキングは難儀でしたが、幕板部分に塗り分けはないのでいくぶん楽です。


IMG_0300_202001181109133ad.jpg

下地用グレー。


IMG_0302_202001181109143b8.jpg

テカテカシルバー。

いいですね!

このテカテカシルバーはガイアノーツのプレミアムミラークロームという塗料です。

エアブラシ専用ですが、うまく下地を作って塗ってやればメッキのようなすごいシルバーになるのです。


IMG_0316_202001181116246aa.jpg

難儀なマスキングです。

幕板、腰板、ドアの縁をマスキング。

できたらアルミシルバーを吹きます。

Nゲージですから特に慎重に吹きましょう。

できるだけニードルを絞って粒子を細かくし、ブツブツをわかりにくくします。


IMG_0335.jpg

いいですね!

IMG_0343_20200118111626cf1.jpg

最後に屋根を塗って塗装完了です。


IMG_0337.jpg

屋根は塗り方を工夫してブツブツになるようにしました。


IMG_0348_202001181116297eb.jpg

できました!


IMG_0349.jpg

いいですね~!

マイクロエースが一級品になりました!


IMG_0351_202001181116322f4.jpg

映っています、映っています。

IMG_0353_20200118111634c17.jpg

書くのを忘れましたが、顔のブラックはアルミシルバーとテカテカシルバーの間に塗りました。


IMG_0355_202001181125446c8.jpg

再組み立て。

ガラスパーツなどは取り付ける前に洗浄して長年で溜まった手垢などをキレイに落としました。

ステッカーも貼りますので、ヨゴレはNGです。

透明度も取り戻せるし、手間をかける価値のある洗浄です。

IMG_0370_20200118112550ed1.jpg

作ったインレタを貼りました。


IMG_0366_20200118112741f24.jpg


IMG_0373_20200118113201559.jpg

扉にスミ入れをし、ドアステッカーを貼りました。

扉まわりが引き締まりました!



★完成


IMG_0378_20200118130120f36.jpg

合体して、細かいところの修正や調整をして完成です!


市販完成品のグレードアップ塗り替えは初めてでしたが、やれば変わるモンですね~

手間はかかりすぎるし圧力調整の効くエアブラシ必須なのでオススメはできませんが、「模型は塗装」が実感できる加工だと思います!

もしやりたくなった場合はインレタが必要かと思いますが、1部だけなら余剰があるので同志はメールフォームから連絡ください。

IMG_0380.jpg

映りこみかたの違いがわかります。

近くにモノがあるとよくわかるので、是非貸しレイアウトとかで情景の中を走らせてほしいと思います!

IMG_0379_20200118130121b3b.jpg

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ
おわり


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/01/21 Tue. 02:07 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  マイクロエース  国鉄207系900番台 
tb: 0   cm: 0

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ1/3  

マイクロエースの国鉄207系900番台がやってきました!

IMG_0083_20190228223248933.jpg


★「国鉄」207系900番台

207系と言えば私としてはJR西日本のあの207系を思い浮かべますが、あれは「JR西日本」207系でこちらは「国鉄」207系で全く違う形式です。

常磐線の千代田線直通用で、国鉄として初めてVVVF装置を搭載させた試作車です。(国鉄最初で最後のVVVF車)

試作ですから1本しかいなかったレア電車です!

VVVF音も私の大好物のやつですし、乗ってみたかったなー。


★点検


IMG_0094_201902282232506c7.jpg

もしも205系が地下鉄直通仕様になったら…という感じの顔立ちです。


IMG_0097_20190228223251c93.jpg

側面は完全に205系です!


IMG_0100.jpg

床下機器を見れば205系とは全く違うということがわかります。

その象徴がこちらのVVVF装置。

私の大好物の音を発するものです。

試験導入ということで、編成に搭載される6基のVVVF装置は製造メーカーが全部違うそうで、でもそれぞれの装置の中には同じメーカーで作った部品が入っているということで音は同じ。

関わった会社は東芝、三菱、東洋電機、日立、富士電機というオールスターぶりです。


IMG_0107_201902282234556f4.jpg

色々言われる動力ですが、ウチに入場してくるマイクロエース動力にはなぜかハズレがありません。

今回も当たりか~?なんて思っていたら、

プツン

きたーーーー!!!

ダメ動力!

要整備です!


IMG_0112_2019022822345662d.jpg


IMG_0110_20190228223458a88.jpg

ライトは普通です!

私のライトに取り替えれば凄いことになりますが、今回はナシです!



今回はこちらをグレードアップ改造します。

内容は、

・塗装を落として塗り直し
・車番も作り直し
・室内塗装
・床下塗装


です。


★詰め替え

10両ウレタンに入れ替え、コンパクトにしましょう。


IMG_0090_20190316114333e0f.jpg

しかし、マイクロエースのケースはなんでこんなにキツキツなんだ?


IMG_0124-2.jpg

できました!

10両、2両分だけ縦になっているのをどう処理するのかは個人差があるようです。

でも、共通するのは決して「顔」を下にしないことです。


★バラバラに

マイクロエースの塗装は見納めです。

全て私の手によって塗り直されます。


塗装落としに先駆けてバラバラにします。

IMG_0060_201903172115519a2.jpg


マイクロエースはトミックスやKATOと違い、色んなパーツが接着剤で取り付けられています。

破壊しないように慎重に作業を進めます。


IMG_0062_201903172115527bb.jpg

バラバラになりました!



次回、どんどん変身します!
関連記事

Posted on 2020/01/14 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  マイクロエース  国鉄207系900番台 
tb: 0   cm: 0

マイクロエース阪急9000系の番号変更!2/2  

仕上げ用のクリアーを吹きます。

普通のインレタなら先にインレタを貼ってからクリアーを吹くのがセオリーですが、メタリックインレタの場合は上からクリアーを吹くとメタリック感を損なってしまうので順番を逆にしなければなりません。

このクリアーが削ったところに入り込んで平滑になり、キズがなかったことになります。

自動車のリペア用品で「擦ったところをなぞるだけでキズが消えたようになるペン」もこの原理です。


IMG_0237_201902282251334b6.jpg

やってしまいました。

半ツヤでイマイチだったボディが、ツヤッツヤのテッカテカのピッカピカになってしまいました!

グレードアップをしてしまいました!


IMG_0238_20190228225135db2.jpg

見てくださいよこの映りこみ!

この場所は、擦り傷があった場所です!

擦り傷は消え、それどころか深みのあるツヤを持って生まれ変わりました!

削り段階で消えてしまったシルバーも筆塗りで戻しておきます。

塗装が完全に乾いたら再組み立てをします。


IMG_0019_201903121516424d2.jpg

ツヤツヤボディに指紋がついたらイヤなので手袋をしての作業です。

IMG_0021_20190312151643e15.jpg

組み立てができました!(パンタはあとで)


★設定

ここまでは共通の作業でしたが、ここから3本は別の道を歩みます。

元9000編成… 9007編成「通勤特急・高速神戸」
元9001編成A…9004編成「準急・箕面」
元9001編成B…9008編成「準急・梅田」

です。

現在の配置とは違うとのこと。





★生まれ変わる!9007

そしていよいよインレタを貼ります。

メタリックのインレタは粘着力が弱い印象でしたが、そこはやはりできたてホヤホヤ。

イイ感じに貼り付いてくれました!

業者の担当者さんによると糊も強力なヤツが使われているそうです。


IMG_0024.jpg

じゃん。

ちょっとキラキラすぎる気もしますが、どうでしょう。

IMG_0027_20190312151929e78.jpg

前面はこんな感じ。

いいですね!

元のナンバーは普通のシルバーでしたから、ただナンバー変更しただけにとどまらずゴージャスさも増しました!

これぞお阪急!

でも!

少し文字が大きい気がします。

確認しましょう。


IMG_0028_201903121519315b1.jpg

ステッカー類はクライアント設定の「通勤特急・高速神戸」にします。

IMG_0159_201903211834399d6.jpg



IMG_0030_20190312151928b96.jpg

側面はグリーンマックスの市販品、前面は新1000系の余剰品を使用しました。


IMG_0034.jpg


IMG_0035_20190312152222d79.jpg

いいですね!


この調子であと2本も仕上げます。





★生まれ変わる!9004


IMG_0102.jpg

ナンバーと行き先・種別シールの貼り付けは上記と同じです。

しかし9004編成と9008編成は「準急」となります。

準急は正面向かって右の1灯のみ点灯ですから、左を加工してつかないようにします。

とはいえ、念のため元に戻せるように簡単な加工で済むようにします。


IMG_0038_20190317175728658.jpg

プリズムを使って1つの光源から2つのライトに導光しています。

既製品はほぼ100%こんな感じです。

非点灯側の導光プリズムを途中で切り、切り口を黒く塗りつぶすことで非点灯状態を再現し、さらに見た目も維持します。


IMG_0096-2.jpg

プリズム自体はあるので見た目は「両方つく既製品のまま」です。

んが、通電すると…


IMG_0040_20190317175730802.jpg

この通りです!

IMG_0043_20190317175731e62.jpg


いいですね!


IMG_0107_20190317180242540.jpg

IMG_0105.jpg





★生まれ変わる!9008

IMG_0090_20190317180922c45.jpg


設定は「準急・梅田」です。

てことは前パンタが強調されます。(9008号が先頭になるから)

なら、この9008編成にトミックスかKATOのパンタをつけたほうがいいでしょう。

パンタが壊れていた元9000編成にスワップし、TOMIXのパンタ「C-PS27N」を取り付けました!

☆マイクロエースパンタ
IMG_0132_20190321170922ef8.jpg

☆TOMIXパンタ
IMG_0133_201903211709239af.jpg

違いは一目瞭然です!


IMG_0169_20190321183437569.jpg

いいですね!




IMG_0171.jpg

違う編成が出来上がりました!

市販品も合わせれば、9000系だけで5本!

IMG_0150_201903211709279c3.jpg

最後にオマケでステッカーを作りました。

マイクロエースのデザインを踏襲し、少しだけアレンジ。

『H』とは、もちろんHankyuのHです。

A-○○○○の中にH-○○○○とあれば、浮くことなく目に付くことでしょう。

IMG_0152_2019032117092834d.jpg


これで3本のマイクロエース9000系を、全て違う編成に仕立てることができました!


最近の既製品はナンバーが印刷されて自由が無く、運転会などでは「同じ編成が2つも3つもいる…」なんて自体が起きていましたが、今回行った『ナンバーを消して貼りなおす鬼改造』をすればそんなパラドックスは解消されます。

既製品でありながら、誰も持っていないハズの編成を手に入れられるのがこの改造の醍醐味です!

KATOの9300系も合わせれば、9000系・9300系の全編成を再現なんてことも可能です!
関連記事

Posted on 2019/03/21 Thu. 19:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急9000系  マイクロエース 
tb: 0   cm: 3

マイクロエース阪急9000系の番号変更!1/2  

IMG_0068_20190210161337c14.jpg


マイクロエースの阪急9000系が3本やってきました!

今回の依頼の内容は、印刷されてカッチリ決められてしまった車両番号を変えるというものです。


IMG_0070.jpg

こちらはその種車のマイクロエースの製品です。

神戸線9000編成、宝塚線9001編成×2となっています。

今回は9000編成を9004編成、9001編成を9007編成と9008編成に変更です。


この9000系はヤフオクで落とした中古ということですから、点検がてら色々見てみましょう。


IMG_0076_20190210161915761.jpg

カッコイイです!

A-Trainを採用しながらもアイデンティティーは維持し、且つ「新型車だ!」と思わせるスタイル。


こちらは3点の中で一番状態がよくないA-6171神戸線セットの先頭車。

手が加えられ遊びつくされた感じもします。

ヘッドマークがつけられているので取ってしまいましょう。


IMG_0080_20190210161341675.jpg


前面から流れるような3次曲線のサイドラインもいい感じです!(あっ、汚れてる)

私としては最新のN1000系よりこの9000系と9300系のほうが新世代阪急の顔としてふさわしい気がします。(実際どっちをフラッグシップとしてるかは知らないけど)

パンタは変です。


IMG_0079.jpg

ツヤは、半ツヤって感じです。

KATOの9300系を見てしまうと物足りないです!

この点は番号を消した後に上からいいクリアーを吹きますからだいぶ変わる点です。


IMG_0084_20190210161342817.jpg

前面はよくできてると思います!

なんか他の車種に比べてシュッとしてる印象なのは、おそらくアイボリー部分がSRアンテナを隠すまで高くなっていてシルエットが縦長だからだと思います。


IMG_0087_2019021016134556a.jpg

ライトはいい具合に光りますね!

急行灯もいい具合ですが、私の新1000系の方が消えてる状態も含めてキレイです。

行き先表示は明るすぎる気がします。

ヘッドライトの色もちょっとアレですかねー。


IMG_0090_201902101613479f0.jpg

写真ではあまりわかりませんが、暗くすると光漏れが目立ちます!

…いい具合じゃねーじゃん!笑


IMG_0077_20190210161340eab.jpg

あっ!

パンタがない!


IMG_0147_2019022111021202f.jpg

こっちは壊れてる!

なんか1ほーんの違うやつがついているものもありました。


IMG_0092_20190210161348418.jpg

動力は、動きますがぎこちなくて異音もひどい!

他の2点はイイ感じでした。


マイクロエースは未だにニ流という感じが拭えません。

それはやはり最初の印象が強いというのと、商品レビューを見てると個体によって良し悪しがあったりするみたい。

品質にバラツキがあるのは、それすなわち二流です…

今回の加工で目を見張る一品に仕上げましょう。



★インレタ作る

まずは貼り直すインレタを制作します。


Hankyu-9004-EditAI-s.png

いつものようにプロ仕様ソフトで原稿作り。

そのまま機械に送る最終的な原稿ですから、サイズもバッチリ合わせます。


IMG_3299.jpg

IMG_3301.jpg

IMG_3302.jpg


仮印刷で実際に合わせてサイズの確認。

いいですね!


IMG_3372.jpg

できました!

メタリック仕上げで高級感は抜群!

大満足の出来です!


IMG_3373.jpg

当初はナンバーだけでいいやと思っていましたが、同じ列に並ぶ阪急のコーポレートマーク(くるくる羽)も同じ仕上げにしないと不自然なのではと思い、コーポレートマークも作りました。

小さいからどこまで再現できるかと思っていましたがなかなかイイ感じです!

お上品なお阪急のイメージにピッタリ!



★ナンバーを消す

IMG_0125_2019022111105803b.jpg


まずは印刷されている既存のナンバーを消しますが、号車がわからなくならないように消す前に番号の割り振りをしておきます。

マスキングテープに書いて貼ればボディを傷めることなくメモができます。


IMG_0120_20190221111239c20.jpg

微妙な力加減が要求されるこの削り作業。

手元が狂うと全てがオシャカになるので慎重に。

くるくる羽ーマークは隠れるので消しません。


IMG_0127.jpg

できました!


IMG_0128.jpg

前面も。


うわ!

スリキズになってんじゃん!


と思ったあなた、安心してください。

このあとの工程で消えます。
関連記事

Posted on 2019/03/17 Sun. 17:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急9000系  マイクロエース 
tb: 0   cm: 0

マイクロエース京急2100形を登場時仕様にしよう5:最終回  

最終回です!

細かい仕上げをします。


2016020516510000.jpg

側面方向幕はすべて黒幕に貼りかえ。


2016020518590000.jpg

最後にパンタを取り付けますが、こちらパンタにも塗装をしてやりました。

ガイアのマルチプライマーを吹いたあと、メッキシルバーnextを塗りました。

クライアントが2100形が初めて走った日に乗りに行った思い出の編成の再現ということで、つまりは新車でピカピカということ。

メッキシルバーという概念はパンタには合わない気がしますが、1/150の見栄えという意味ではメッキシルバーが最適と思っていますので。


2016020521550000.jpg

どうです、ピカピカの新車って感じでしょう。


2016020418450000.jpg

2100形専用のコンソールパーツを取り付けてくれと依頼されましたので組み込み。

こちらは3Dプリントによるパーツですが、作ったのは私ではなくこちらは市販品。

最近ウチで仕上げる模型にコンソールの表現をしているのが中毒になってしまったのでしょうか、私自身もないと落ち着きませんしクライアントもきっとそうなのでしょう。


2016021020370000.jpg

セミグロスブラックで塗り取り付けました。

いいですね!

すでに写ってしまっていますが、京浜急行100周年のステッカーも貼られました。

これで完成です!


2016021114540000.jpg

一時期話題をかっさらったドレミファインバータを搭載して万を辞して登場した2100形です。

いまは機器の更新がされてしまいドレミファもなければスリットナンバーも全部「2100」になっています。

しかし脚光を浴びたあの日の姿はここに蘇りました!

マイクロエース製ということで品質はわかりませんが、私の手が入ったことでいくらかアップグレードできたと思います!



これにて2100形は終了です!

次は、この2100形と組んで12両編成を再現する「在りし日の600形」654編成に取り掛かります!



ファーソラシ♭ドレミ♭ファソ~
関連記事

Posted on 2016/02/28 Sun. 15:00 [edit]

category: 京浜急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京急2100形  マイクロエース 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ