FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。9:最終回  

最終回、総括です!


★題材

今回はメーカーも題材もマニアックな「さいどらいん製トロッコファミリー号」を作りました!

トロッコファミリー号とは、飯田線をかつて走っていた観光列車(客車列車)です。



★真鍮キット


IMG_2093.jpg

車体の組み立ては瞬間接着剤が想定されているようでしたが無視してハンダ付けにしました。

とっても頑丈で重い車体になりました。

パーツの整合性は、金属同士は悪くなかったですが屋根を乗せるときに苦労しました。


★困難な塗装

あとから取り付けられるパーツは少ないため、ほとんどカタチにしてからの塗装でしたので順番や塗り分け手順が複雑でした。

ボディに使用したのはGMからー21番アイボリー、16番青2号、ミスターカラー13番ニュートラルグレーです。

あと仕上げのクリアー。


IMG_2092.jpg

トミックスのスハフ12形は塗装を落として塗りなおしとしました。

IMG_2960.jpg

屋根はつや消し仕上げにして、クーラーは塗り分け。

上から見ても楽しくなりました。



★オリジナルインレタ

同梱のインレタは古くて使えなかったのでオリジナルを製作。

IMG_3645-2.jpg

製品に同梱されてない車番や、同梱のシールの模様の一部をインレタに置き換えて見た目を向上!

特に側面のキャラクターのマークの外周をインレタにしたアイデアは大成功!

インレタと言えば、くろま屋さんにも手間をかけてしまったのですが、とても丁寧な対応をしていただいて感謝しています!


★オリジナルステッカー

ステッカーのキャラクターは本物のトレースと自分の感覚で書き上げました!

特に女の子のほうは資料がほとんどなく、自分の感覚で描いた部分が大きいので感情移入してしまいます。

ウチの娘はやらん!

というわけにはいきません。

クライアントに嫁いでもらいます。


★テールライト点灯化

IMG_0057_20190111012926ebc.jpg

高すぎる車高と相談しながらテールライトの点灯も実現!

たぶん世界唯一。

そして室内視認性だとか耐久性、輝度、光漏れのなさなど、ライトの性能としてもきっと世界一。きっと。


★できた!

※クリックででかくなるよ
IMG_0063-2.jpg

IMG_0065-2.jpg

IMG_0068-2.jpg

IMG_0071-2.jpg


IMG_0074-2.jpg

かわいく描けた女の子キャラクターです!

家庭用プリンターだからこんなもんですが、同梱のステッカーよりは幾分よくなりました!

周りの枠がよくできすぎて馴染んでません笑

IMG_0087-2.jpg

私は自称愛国者です。

日本を守るために戦ったウチのじーさんは誇りです。

IMG_0078-2.jpg

私がコレに乗ることがあったら、このような写真を撮っていたでしょう。




★試運転!

ウダウダ言いましたが、走らないとしょうがないです。

試運転をしましょう。


IMG_0036_20190111021016bfe.jpg

いいですね!

緑によく映えます!

飯田線は半分は大自然を走りますから田舎風レイアウトを走らせました。

横の川が天竜川っぽくていいですね!

IMG_0051_2019011102101246a.jpg


EF58かED18、もしくはユーロライナー色のDD51かDE10がよかったですがなかったので手持ちの古いEF62に牽引してもらいました。

IMG_0028_20190111021014248.jpg

IMG_0026.jpg


☆YouTube


いいですね!

ライトはチラツキも全くありません!

これで全工程完了です!

掃除してお清めして、出場です!


★オマケ

IMG_0094_2019011101352608a.jpg

ケースに貼れるようにステッカーを作りました。

IMG_0093_20190111013527cee.jpg

うまく貼ればこうなります。

貼るかどうかはクライアント任せです!

IMG_0101_20190111013428fd6.jpg

側面キャラクターのグラフィック作成に時間がかかったのに、あまりにも小さくてなんだか悲しくなったので、ステッカーにして大きくしてやりました!

IMG_0098_20190111013429786.jpg


IMG_0103-2.jpg





★☆★さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。★☆★

★☆★おわり★☆★
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/03/09 Sat. 15:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  JR東海  トロッコファミリー号  さいどらいん  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。8:展望客車組み立てB  

★ライト点灯化

目玉のひとつ、テールライトの点灯化です。

作例がただでさえ少ないトロッコファミリー号にあって、テールライトまで点灯するのはおそらく世界唯一です。


IMG_0141.jpg

テストは良好!

テールライトだけでいいので回路は簡単です。


IMG_0150_20190102135857d47.jpg

組み込みました!

ライトケースは真鍮引き抜きパーツを使っていますから、それに突き刺せるような形に既に整えてあります。

ピッタリはまりますから光漏れ対策も簡単に済みます。

目立たないように壁と同じアイボリーを塗っておきました。


IMG_0148.jpg

取り付けました!

テストはバッチリ!

コレは電力フルパワーです。

通常走行の電圧ではちょうどいいようになっています。


IMG_0155.jpg

ケースも目立ちません。

アイボリーに塗ったからというのもありますが、そもそも小さいので。


給電方法は色々悩みましたが結局いつものバネにしました。

集電板に直接ワイヤーを繋いじゃおうかと思いましたが取り回し用に長く取らなきゃならないし隠すのも大変なのでやめておきました。


IMG_0146.jpg

取り付けできたらこちらのライトレンズをハメます。

展望客車には全エンドにテールライトがあります。

もちろん全部真鍮引き抜きパーツで、レンズも同梱の専用品です。


IMG_0143.jpg

IMG_0144.jpg

だいぶ見た目が変わりました!

レンズに減光効果がありますから、光がマイルドになりました。(写真はあとで)

狙いどおりです!


★床板

懸念の床板です。

金属床板と集電板の間には前回書いたようなプラ板が入るから短絡は防げます。

問題は床下機器をどうかわすかです。


IMG_0182_20190102142536ac8.jpg

オハフ17-11号の床下機器は、0.5mmプラ板の台座をつけて位置(高さ)の調整をしています。

オハフ17-1号も同じ処置が必要ですが…。

集電板は0.2mm。

先ほどのの0.5mmの中に0.2mmのスペースを作ることで床下機器と集電板が干渉しないように出来ます。


IMG_0190_201901021425353fb.jpg

0.3mmプラ板と0.2mmプラ板を使って床下機器台座を作りました。

0.2mmのほうは少し小さく作って集電板が入るスペースを設けました。


IMG_0191_20190102142534516.jpg

こんな感じ。


IMG_0193_20190102143422b5e.jpg

こんな感じ。


IMG_0196.jpg

車掌室までの引き回しは極細ワイヤーを使い、ライトユニットのバネが当たるプレートを接続して取り付けます。


IMG_0203.jpg

テストは良好です!

台車の首振りは若干抵抗がありますが、走行には問題ありませんでした!

重い車重がいい方向に作用しました。



ここからは列車全体の仕上げです。


★色さし

展望客車両端のステップみたいなところにグレーの色さいをしました。

写真は下に登場します。


★ボーイズアンドガールズ

印刷したキャラクターのマークを所定の位置に貼ります。

周りの金色の枠はインレタがあるから切り出すのは中心のキャラクターの部分だけでOKです。


IMG_0215_2019010214155053d.jpg

シールは普通の家庭用インクジェットプリンターで印刷しましたので、下地として白い色が必要になります。

車体側のマークの中心部だけを白く塗っても大丈夫ですが、汚くなりそうなのでシールの裏から白い塗装をしておきます。

シールとしての機能が失われますので、糊の成分が入ったマークセッターを使って貼り付けます。


IMG_0217_201901021410057ca.jpg

丸く切るのは苦手です。

それは、私の心が尖っているからでしょう。


IMG_0219.jpg

貼る前に、輪の中を少しゴールドで色さししておきました。

ガビガビの切り口を誤魔化すためです。


IMG_0218.jpg

できました!

思ったよりいいですね!

金の枠をインレタにしたアイデアは大成功です!


★方向幕

方向幕も、同梱のものは微妙だったので作りました。

中部天竜⇔豊橋、豊橋⇔中部天竜の2種類。


IMG_0234.jpg

いいですね!



IMG_0262.jpg


最後にトレインマークを取り付けて


★わーい


IMG_0238.jpg

トロッコファミリー号、完成しました!


次回、総括して最終回です。
関連記事

Posted on 2019/02/13 Wed. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  JR東海  トロッコファミリー号  さいどらいん  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。7:展望客車組み立てA  

いよいよ組み立てです!



★窓ガラス


IMG_0152.jpg

ほぼオープンカーではありますが乗務員室ドアと乗降口ドアにはガラスがあります。

塩ビ板を使用。

乗降口ドアのHゴムに色差しもしました。


★屋根

IMG_0159.jpg


屋上にはベンチレーターのみが搭載されます。

フルオープン客車にベンチレーターは果たして必要なのかという疑問は残ります。

デッキ用と思われるものだけは塗色は車体と同じブルーです。

ダボが中心からズレていましたのでダボを削って中心を出しました。


★オハフ17-11床板

まずは簡単なオハフ17-11号から。

オハフ17-1号がテールライトがつくために集電機構があり、その分の車高を調整します。

また、穴の開いている室内パーツの隙間から変なものが見えないように薄いプラ板をかまします。

IMG_0175.jpg

スケスケ。

車端部は下に何もなくなるので車高調整兼目隠しプラ板を貼ります。

IMG_0160.jpg

厚さは0.1mm。


IMG_0185.jpg

いいですね!

IMG_0162.jpg


さらに、お隣スハフ14-1号にはスハフ14-11号にはない集電板の厚みがつきますから、調整のため0.2mmのプラ板もかましました。

これで完成時の車高となりますので、仮組みしてスハフ14と並べてみましょう。


IMG_0168.jpg

うわぁ…。

ちょっと高すぎるなぁ。

うーん

うーん




営団英断

やめよう!

床板作りは振り出しに戻るのでした…

☆むしり取られたプラ板
IMG_0198_20181225140729007.jpg


★やはり

そうなるとキット同梱の床板を使用することになります。

キットには付属していなかった(梱包ミスと思われる)心皿は、昔作ったペアーハンズ東武30000系のものが余っていたのでそれを使うことにしました。


IMG_0163.jpg

穴の直径は合わないので電動工具で拡げました。

IMG_0170.jpg

取り付けはハンダ付け。

少し床板の上に飛び出たのでリューターでフルフラットに。

ひとまずこれで台車は取り付けられます。

IMG_0179.jpg

プラ床板との比較です。

ちょっと曲がってしまっているのでわかりにくいですが、0.8mmくらいトップが落ちています。

これはデカイです。

IMG_0181_20181226021128c72.jpg

カプラーの高さも大丈夫でした!



★車高を上げたくない

できるだけ車高を上げたくないので、色々工夫します。

IMG_0173.jpg


エッチングパーツの穴をふさぐようにプラ板を切り出しました。

このプラ板は上記のむしり取られたプラ板の役目を果たします。

IMG_0174.jpg

床下機器側にもプラ板を切り出します。

床下機器側プラ板は、先のプラ板を真鍮床板と繋ぎ、光の抜けも防ぎ、床下機器の保持の役割をします。


IMG_0177.jpg

こんなふうに合わせて接着。

そして上面を室内パーツの床色に塗りました。(写真は忘れた)

これで実質さいどらいん想定の車高になります。

これで車高が高すぎたら、完全にさいどらいんの責任です!笑

やーいやーい!


★TNカプラー

強度を考えTNカプラーはネジ留めとし、このネジで床板のドッキングの働きもしてもらいます。


IMG_0197_20181226022200956.jpg

板橋区は本蓮沼のエコーモデルで買ってきたM1.0ネジ。

細いです!


床板のほうには0.8mmで下穴を開け、ネジそのものでタップを立てます。

真鍮のような軟らかい素材なら大丈夫なのです。


IMG_0206_201812260221594fa.jpg

カプラーもそのままではいけません。

取り付け穴は1.1mmに拡張し、さらに穴のまわりを少しさらってネジの頭が少し埋まるようにしました!

台車とカプラーが近いので、台車の首ふりを邪魔してしまうのです。


IMG_0205.jpg

この差です!

いいですね!



★ドッキング


IMG_0221.jpg

いいですね~!

やっと1両形になりました!(ステッカーについては次回触れます)

懸念は2点!

台車の動作と車高です。


なんとか台車も動いてくれます。

簡単な試運転も問題ありませんでした!


IMG_0265.jpg

車高は少し改善されました!

写真だとうまく伝わりませんが、コレがメーカーであるさいどらいんの想定高さになります。

IMG_0267.jpg

人間ビューで見たらこんな感じ。


さて、オハフ17-11号はこれでいいさ。

問題は集電機構のあるオハフ17-1号です!

もちろん勝算もなしに方向転換をするような私ではありません。



次回、オハフ17-1号を組み立てましょう。
関連記事

Posted on 2019/02/04 Mon. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  JR東海  トロッコファミリー号  さいどらいん 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。6:展望客車  

いよいよ真打ちです!



★内装

今回は壁もガラスもほとんどなくシースルーのため、内壁を塗らないワケにはいきません。

複雑な工程で塗っていくことになります…。


IMG_2911.jpg

内壁はウッドブラウン。

床はトニーベージュ。

テーブルとデッキの壁はアイボリー!


IMG_0134.jpg

座席は頑張って手塗りです!

ツヤ消し仕上げになるので筆塗りのムラもわからなくなりました。


IMG_0135.jpg

いいですね!



★外装

外側ボディの順番は複雑です。


IMG_3741.jpg

サフを吹いた後、屋根グレー→雨どいアイボリー→ボディブルー→側面と妻面アイボリーです。

雨どいと屋根の間にあるブルーをキレイに出すためにはこの順番になります。


IMG_3019.jpg

バランスをしっかり見るためにアイボリーよりもダークブルーを先に塗ります。

こちらのほうが平行を取りやすいです。

アイボリーは内側のデッキ部分の壁になるところにも吹きます。


IMG_3327.jpg

片方をゼロから塗りなおしたり笑

しかも3回!!!


IMG_0090.jpg

車掌室側妻面のアイボリーも窓からの距離感を見ながらのためダークブルーの上に色を乗せます。

サフを吹いてその上からアイボリーですので、発色は同じです。


IMG_0092.jpg

じゃん。

とってもキレイに塗れました!

忍者ハットリくんが頭に浮かんだんですが想像力豊かすぎでしょうか。

あっ

スプラトゥーンも浮かびました。

底なしの想像力です。


IMG_0095.jpg

いいですね!

IMG_0098_201812182258352da.jpg

いいですね!

クリアーを吹いて質感を整えるのはインレタを貼ってからです。


★インレタ

インレタを貼ります。

言うまでもなくオリジナルインレタです。


IMG_0111.jpg

慎重に位置を決め、貼ります。


IMG_0114_20181218233945dea.jpg

車番インレタも。


IMG_0112.jpg

こちらは初登場の展望車にだけ貼られているステッカーの一部を模したインレタ。

シール印刷ではボディと同じブルーは出せないし、周りの金色もうまく出ないと思ったから作ってみました。


IMG_0115.jpg

貼りました!

拡大してよく見てみましょう!


IMG_0119.jpg

おおおおおおお!!!!!

出てる出てる、「TOROKKO FAMILY」!

シール印刷じゃ絶対出なかったでしょう、この作戦は大成功です!


IMG_0129.jpg

大きさがわかるように。

左のヤツは定規、1メモリは1mmです。

文字の高さは0.15mmといったところでしょうか。

すげえなあの業者。

いい業者に出会えてツイています!

しかし、あまりにも細かすぎるため、文字がうまく出ていない個体もありました。

それは想定内でしたので、予備をたくさん作って対応しました。


IMG_0136.jpg

いいですね!

中心のマークを貼る前にクリアーを吹いて塗装を締めましょう。

半光沢クリアーをボディ全体に吹き、屋根は1/4クリアーを吹き、塗装は完了です!

ここまでくればほぼイメージはできますね!



次回は組み立てです!
関連記事

Posted on 2019/01/09 Wed. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  さいどらいん  トロッコファミリー号  飯田線 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。6:普通の客車B  


IMG_0001.jpg

私としたことが車番の写真を忘れていました…。

IMG_0028_2018112811534308a.jpg


うまく貼れたらクリアーで仕上げです。

使用したのはMr.カラースーパークリアー半光沢です。


IMG_0030.jpg

ボディ塗装、完了です!



★屋根

屋根もMr.カラーニュートラルグレーに塗り直します。

床下が今回はグレーになりますから、そのグレーとは明確に差をつけるべきと思い塗装することにしたのです。

このあと登場する展望客車と色合いも合わせなきゃならないので、その意味でも屋根は塗るべきなんです。

市販完成品の屋根の塗装がイマイチ気に入らないというのもあります笑

なんかツルツルしてオモチャっぽくありますので、ツヤ消しを吹いてシメました!


IMG_0038_2018112812004549e.jpg

クーラーとベンチレーターも塗りなおしました。

こちらは半光沢で、本物と同じ差異が出せました!



★色さし


IMG_0009_20181128120438ecc.jpg

透明のままの方向幕、シールのベースになる色にするために白く塗りました。

この下の窓は便所、反対側は確か洗面所で、便所のほうは白いスリガラスですが洗面所のほうは普通に透明ですからその差もしっかり出します。(この写真を撮った時点では忘れてた)

白く濡れたらHゴムに色を差します。


IMG_0031_2018112812184903c.jpg

乗降ドア、妻面ガラス、方向幕の一部。

製品の状態ではグレーです。

ガラスを保持して車体との接続に使われるHゴムは、昔はグレーで近現代は黒。

理由は、グレーは太陽光が透過するせいで劣化が早く、黒にすれば光が通らずに長持ちさせられるからということだそうです。

Hゴムの色さしは最近思い付いた方法のお陰でだいぶうまくなりました!


IMG_0035_201811281204167dc.jpg

スハフ12-31号は方向幕のHゴムはグレー、スハフ12-104は同Hゴムは黒なんですねぇ、こちらはクライアントの指摘で気が付きました。

あぶねえあぶねえ。


IMG_0063_20181128131635468.jpg

洗面台側の窓は透明なので直しました。

すいません。



★再組み立て

組み立てしなおします!


IMG_0061.jpg

編成の中間に入るスハフ12-31号はテールライトは光らせないので基盤を取ってしまいました。

スイッチはついていますが、このスイッチは物理的に光を通さなくする仕組みで中では通電され光っているというものですので、電力の無駄なため取ってしまうことにしたのです。


IMG_0040.jpg

カプラーはトミックスの密自連TNカプラー。

編成端になるスハフ12-104号には付属のジャンパ栓パーツもつけます。

床下と同じ色をベースに、ホースはフラットブラックで色差ししてアクセントに。


IMG_0062_20181128131636207.jpg

編成端のスハフ12-104号の貫通路の縁を銀色に塗りました。

もともとの製品もそうなっていました。

タミヤのエナメルのクロームシルバーを筆塗りです。

エナメル塗料なら失敗しても下の塗装を侵すことなく拭き取ることが出来るので便利です。

でも失敗しませんでした。

モデラーにも調子というものがあるのです。

実況パワフルプロ野球っぽく表すなら

今日はたぶん

人生の充実度は


IMG_0045.jpg

ホロを軍艦色1で塗りました。

このあと組まれる展望客車にもホロをつけますが、色に差があってはおかしいと思ったからです。

数が少し多いのは気にしないでください。

IMG_0047.jpg


編成の中に組み込まれるスハフ12-31号はホロをつけました。

これで差別化できました。

一目で編成も組みやすいと思います。

車体側にも踏み板のモールドがあるのですが目立たないのでOKとしました。

なにより編成にしたら見えません。


IMG_0048.jpg

実際に連結したらこんな感じ。


IMG_0051_20181128121243655.jpg

できました!


IMG_0060.jpg


IMG_0052_20181128121245772.jpg


IMG_0053_20181128121246278.jpg

床下がグレーになると印象はだいぶ変わりますね。

床下、屋根、屋上機器と違うグレーが共演していますがうまくバランスが取れたと思います!

屋根はツヤ消しというのもポイントです!



次回はヤッカイな展望車のほうを塗装です!
関連記事

Posted on 2018/11/28 Wed. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  さいどらいん  トロッコファミリー号  飯田線 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ