FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

3Dプリンターで作られた1/80サイズHS-20コンプレッサを見ながらほぉ~ほぉ~言うだけの記事  

★関連記事

※東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電鉄1000系風に)2/2

※3Dプリントで出来上がった1/150サイズHS-20コンプレッサーを見ながら、はぁ~はぁ~言うだけの記事

IMG_0324_20191125165626d3a.jpg


★本編

先日の一畑電鉄1000系の床下機器は無事納品されました!

床下機器全体としてはもう手元にありませんが、参考資料としてHS20コンプレッサーだけは余分に作っておきました。

今回はテレビの前の皆さまとご一緒にこの素晴らしいHS20を鑑賞しましょう。


★レッツほぉ~ほぉ~


IMG_0325.jpg

ほぉ~~~

この立体的な配管…!

目で追える配管…!

HS20の圧縮空気の流れをコレで勉強できますよ!


IMG_0327_20191125165629b57.jpg

ほぉ~~~

このシリンダーの放熱フィン…!

わかんない人に説明すると、バイクのエンジンにヒダヒダがあるでしょう?

あれは空気中に熱を効率よく逃がすために空気との接触面積を稼ぐためにあんなヒダヒダなんです。

HS20はエンジンではありませんがレシプロの構造は同じで、中でピストンが高速で往復して摩擦熱が発生するし、中で圧縮された空気も熱を持ったりするのでコンプレッサーのシリンダーは結構触れないくらい熱くなるんです。


これは、3Dプリンターでないと絶対無理な造形です。

ロストワックスでも流れていかないでしょう。


IMG_0328_20191125165630c95.jpg

ほぉ~~~

このマニホールドのボルト…

マニホールドとは集合管のことです。

鉄道用コンプレッサー界隈でそう呼ばれているかは知らない。


IMG_0329_20191125165632453.jpg

ほぉ~~~

この放熱管…


IMG_0330.jpg

ほぉ~~~

このアイボルト(吊り上げ用の輪っか)…


IMG_0332.jpg

ほぉ~~~

このモーターのフィンと接続箱…

この中にモーター用の端子があります。


IMG_0331_2019112516563650f.jpg

ほぉ~~~

このカップリング…

カップリングとは、中心が若干ずれてても大丈夫な軸継ぎ手です。

モーター軸とクランクシャフトを繋いでいます。


IMG_0343_20191125171126797.jpg

安全弁も給油口もバッチリ!

この方向でなければもうすこし滑らかに造形されたはずですが、それは仕方ありません。


IMG_0341.jpg

シリンダーブロックのボルトがあるのがわかりますか?

シリンダーヘッドにもボルトも放熱フィンもあるのがわかりますか?

これもロストワックスでも無理でしょうね~


IMG_0333_20191125165639db2.jpg

ほぉ~~~

この防振ゴム…

防振ゴムとは、コンプレッサーの動作振動を車体に伝えにくくするゴムです。

コレがあるおかげで車内は快適です。

フラットブラックに塗ってもいいですね!



どうしよう、オチが思いつかねぇや笑

あ、HS20だけを出品してみよう!


と思って2基セットを作って調べたら、約3,000円…。

1基約1,500円…

売れるのかよ笑

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/25 Mon. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  床下機器  HS-20  コンプレッサー  1/80 
tb: 0   cm: 0

出品!HS-20タイプコンプレッサアソート!  

※DMMでの素材提供終了に伴い、無期限公開停止中です。
復活させられる日が来ることを信じて記事だけは残してあります。

おすそわけは継続してできますが、値段はDMMの1.5~4倍(タイミング次第)かかると思われます。

相談は問い合わせフォームにお願いします。






先日製作いたしましたHS20タイプコンプレッサアソート(Nゲージ)をおすそわけいたします。

前回の記事のものよりすこしボリュームアップしました。

☆クリックしてね
HS20アソート

★購入について

こちらから、オンライン通販の要領でOKです。

素材はアクリルXtremeモード一択です。

これでないと細かい表現がされないのです、ご容赦ください。


★セット内容

☆クリックしてね
HS20図面

・直流駆動×8 …A1
・直流駆動逆サイド×5 …A2
・交流駆動×6 …B1
・交流駆動逆サイド×5 …B2
・直流駆動動力車用分割3基分(正サイド逆サイド3つずつ) …A3
・交流駆動動力車用分割2基分(正サイド逆サイド2つずつ) …B3
・縦置き用分割直流駆動×5 …C、モーターの種類で区別
・縦置き用分割交流駆動×3 …C、モーターの種類で区別


計37基。

2016013018510000.jpg


★手元に届いたら

慎重に梱包を解き、全体を眺めてまずはニヤニヤしましょう。


サポート材などをチェックし洗浄したらプラサフを吹きます。

ランナーから切り離す前に上からの塗装はしておいたほうがいいです。

配管も入りくんでいますので、床板に装着してしまうと塗料が届かない箇所が出てしまいます。

そのために本体と台座を別パーツにしたのです。

2016013018490000.jpg

平べったいパーツは台座です。

直流駆動と交流駆動で台座も違いますのでご注意ください。

切りかきが深いほうが直流駆動用、浅いほうが交流駆動用です。

わかりやすくしました。

2016013018520000.jpg


コンプレッサ本体のランナーからの切り離しは慎重にお願いします。

できるだけゲートは強度のある場所につけましたが、それでもデリケートです。


切り離せたら、ここでもニヤニヤしてください。

配管を目で追ってみましょう。

コンプレッサの仕組みがよくわかります。

2016013018490003.jpg


★床板への取り付け

先に台座を取り付けてから本体を取り付けます。

基本的には台座の上面がボディ下面と同一になるようにします。

鉄道コレクション床板ならそのまま台座を貼り付けます。

台座は切り欠きのあるほうがモーターの反対側にきます。

小さなタンクを逃がすための切り欠きです。

GM床板に取り付ける場合はランナーをスペーサーとして使用できるようにしました。

床板にも色々ありますので、合わない場合はエバーグリーンのプラ棒を使うといいでしょう。

2016013018500000.jpg


★クセモノ

東武8000系のコンプレッサは枕木方向に配置されているクセモノです。

その際表にくるのはモーターで、このモーターの表にくる面のディテールを確保する目的でモーターを別パーツ化しているものがあります。(図面C)


慎重に切り離したのちミゾに沿って貼り合わせてください。

張り合わせてから台座に取り付けます。


この場合の台座の取り付けはスペーサーも何もいらないハズですが、車体裾から床板が入り込んでしまう場合はエバーグリーンのプラ棒などを使って調整しましょう。



これで完成です!


★取り付けられたら


2016013019030001.jpg

思う存分ニヤニヤしてください。

それで私は幸せです。

取り付けたあとも、当然取り扱い注意です!



運転会などで走らせながら、たまにこのHS20に目をやり停車させたくらいのタイミングで「ドゥルルルルル」とか言いましょう。

それで私は幸せです。

場の空気が圧縮してしまったら、それは私は知りません。



3Dプリント品の特性を理解していただいた上で、よろしければどうぞ。




※出品したものとは内容数が違いますが、こちらも参考に。

デザインしてるところです。


※2016/2/17修正
関連記事

Posted on 2016/01/30 Sat. 19:30 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  床下機器  HS-20  コンプレッサー  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

3DプリントでHS20アソートをつくろう  

3DプリントによるHS20コンプレッサを見ながら610回くらい「はぁ~」と言いました。

そのくらいよくできたので見せびらかして自慢してたら、このHS20だけたくさん欲しいという依頼がきました。

HS20は地元東武でも他の民鉄でもポピュラーですし、コイツだけたくさん欲しくなるのは納得です。

ちょうど私も欲しかったところ。

そこで、1つのデータにこのHS20を30個くらい収録したものを作って3Dプリントしようと思います!



神様仏様HS20、

一富士ニ鷹三HS20、

ラーメンつけ麺HS20。

最後いきなり価値低いじゃねーか。

HS20様です。


HS20アソート1

設計に手直しが入りました。

形はほとんど変えていませんが、もっと細かい表現ができそうでしたのでボルト、ステー、エア安全弁、オイル注入口(予測)を追加しました。


これがHS20最終形態です。

これは、絶対大手メーカー量産品は真似できないでしょう。

再配置する前にパターンの絞りだしをします。

7715編成の話でも出したDC駆動とAC駆動はもちろん配置。

どっちサイドも見栄えはするとはいえ念のため逆サイドも収録しましょう。


HS20アソート3

特殊な配置として東武8000系の枕木方向置き(D.C.駆動)があります。

表側にくるモーターのモールドを潰さないため、モーターユニットを2分割にしたものを2セットくらい入れておきましょう。

東武8000系を作らなかったとしても、普通に組み立てて使えばいいのです。


HS20アソート2

動力車用として半分に切ったものを収録しておきましょう。

動力車を作らなかったとしても、普通に組み立てて使えばいいのです。


そして、忘れてはならない台座を必要数つけて配置調整をし、すぐに注文です!




~DMM大忙しのため2週間待ち~





2015123018310000.jpg

到着しました!

さっそくパラサフを吹いて出来上がりの確認です!


2016010222220000.jpg


2016010222340000.jpg

はぁ~~~~~

やっぱりいいですね!

コレを載せたいがためにリベンジシリーズのモデル編成を変えたくなってきます。


2016010222340001.jpg

あれ?

出力方向が今までと違いますね。

本体の上面と下面に筋が入るつもりで設計していたのですが。

これは問い合わせないとなりませんね!


このHS20アソートもおすそわけ致します。

詳しくはまた!
関連記事

Posted on 2016/01/09 Sat. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  HS-20  コンプレッサー 
tb: 0   cm: 1

3Dプリントで出来上がったHS-20コンプレッサーを見ながら、はぁ~はぁ~言うだけの記事  

先日の東急7715編成床下機器の回で登場したHS20コンプレッサーが思った以上に精密に仕上がったので、1記事ぶち抜きでこのHS20を眺めることにしました。


2015101123590000.jpg

正面からの見た目だけで言えばあまり変わりませんが、台座を別パーツにしたことで向こう側が見えます。

これだけでも充分進化に値すると思いますが、今回はもっとわかりやすく。


東急の床下機器ということで黒く塗られ、あまりモールドも見えません。

試験の意味合いもあり余分に2つ収録したぶんをグレーに塗装しました。


2015101118510000.jpg

はぁ~


2015101119050000.jpg

はぁ~

まさかこのエアクーラーが1本1本独立して表現できるとは思いませんでした。

電車に轢かれる覚悟がないとこのアングルでHS20は見られません。

ちなみに、実物とはエアクーラーの本数は違うと思います。


2015101119060000.jpg

はぁ~

この配管もそうですね。

ちゃんと宙に浮いているんです。

設計段階でちゃんと再現した配管は、出力段階でも満足いく再現度となりました。

エアフィルター~吐出までの一連の流れを、コレを見ながら追うことができます。


2015101715480000.jpg

はぁ~

「裏側のディテールはダメだろう」と思っていましたが、そんなことはありませんでしたよ。

確かに少しガビガビにはなっていますが、思っていたよりかなりいい出来です。


2015101715500000.jpg

こちらのDC駆動はディテールを損なわないために真っ二つにしたもの。

3Dプリントの特性で、ある出力方向は凄まじいスジが入ってしまったりサポート材がついてしまうために表面の滑らかさが失われてしまうのです。

どっちサイドもキレイに出力される面にしようという目論見の結果で真っ二つにしたのです。

しかし、思った以上にどの面も美しく出力されたために逆にパーティングラインのほうがが気になるようになってしまいました。

ここまでの仕上がりなら真っ二つの必要はないです。

今後は一体としましょう。


2015101715490000.jpg

このモーターがわかりやすい例です。

スジが入ってしまっていますね。

これは、このHS20だけ図面の中で縦に置いたからです。

横に置いたHS20は、このスジは上面と底面の比較的目立たない場所についています。

HS20アソートを作るときはこの辺を考慮しましょう。


2015101118520000.jpg

はぁ~


2015101715520000.jpg

はぁ~

2015101715510000.jpg

はぁ~





いや~

この「はぁ~」は実際に私がHS20を見ながら10分間くらい一人で吐いていた言葉です。

事実に基づいた記事なのです。



3Dプリントは、普通の機器箱みたいに平坦な面の面積が広いものよりこのHS20のように複雑な形状に向きますね!

次はHB2000あたり作ろうかしら。

それにしても、



はぁ~~~~
関連記事

Posted on 2015/11/23 Mon. 10:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  床下機器  HS-20  コンプレッサー  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ