FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

天賞堂プラスチック103系をDCC化+グレードアップ改造2/3  

★動力車DCC組み込み

天賞堂103系の動力にDCCを組み込むのは初めてです!(横浜線のときはTc車のみの加工だった)

動力車はM1のモハ103に設定されています。

IMG_0210_202008101852150b6.jpg


ドキドキワクワクしながら動力車を開けました。


IMG_0217_202008101852170c4.jpg

中は至って普通で、回路もわかりやすい。

明らかに8ピンのコネクタだなというのがわかる箇所がありますね!


IMG_0219_20200810185218cf7.jpg

これ。

ちゃんとデコーダーが入る空間も用意してくれています。

サウンドデコーダーとなると結構ハードな加工が必要そうな感じですね!

工場レベルのフライス盤が使える私ならやれます!

IMG_0221_20200810185221f4b.jpg

念のため目で回路を追って問題がないかを確認しました。

なぜかモーターの回路に抵抗が挟まれています。

そりゃあ抵抗制御だけどさ笑

起動電圧を上げさせることで低速でもライトがちゃんと光るようにする配慮かな?


IMG_0220.jpg

しかし汚ねえ基盤だな。

どうやったらこんなにヤニが飛ぶんだ。

さすがMade in China!

尖閣諸島はやらんぞ~


IMG_0207_2020081018182546f.jpg

動力用のデコーダーはDigitraxのDN136です。

モーター制御とヘッドライトとテールライトと、もう1つ自由に使えるファンクションがあるタイプです。

IMG_0225_202008101859111c9.jpg

回路は大丈夫だったので差し込んで完了。

DCCの8ピンは間違った方向にも刺さってしまいますが、ファンクションがどこにも繋がっていない状態なら逆に指しても大丈夫なはずです。

線路電源LR、モーターの両極にあたる端子が点対称に配置されていますので、それぞれが逆になるだけだからです。


IMG_0226_202008101900214e7.jpg

動きがぎこちなかったので台車を整備しました。

なんとヘリカルギアでした!

なぜか片方の車軸のギアの当たりが悪く、これのせいで回転に抵抗があります!

直すには歯車を削らないといけませんが、それは予算オーバーなので諦めました。

でも、グリスアップをしたらだいぶ滑らかになりました。


IMG_0230_20200810190530414.jpg

室内灯が点かないのは、多くの場合は接点の接触不良です。

この妻面に貼り付いている導通パーツがヘタって通電不良を起こしやすいのです。

よりバネの効くリン青銅のパーツに取り替えるのがいいのですが、今回はヘタりにくい曲げ方をして対応しました。

接点も研きました。


IMG_0233_20200810190532532.jpg

組み立ててテスト。

室内灯はDCCの電圧に耐えるのは確認済みです。

結果は良好でした。


動くときにデコーダーあたりから電機子チョッパみたいなジーーーという音がします。

どうやらスイッチングで制御しているようです。

今日からこの103系は抵抗制御ではなく電機子チョッパ制御です!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/08/17 Mon. 18:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  天賞堂  103系  オレンジ  DCC 
tb: 0   cm: 0

天賞堂プラスチック103系をDCC化+グレードアップ改造1/3  

以前、横浜線仕様として加工した天賞堂のプラスチック103系の、今度はオレンジ色がやってきました!


IMG_0189_202008101813117f7.jpg

ウグイス、スカイブルーと続いてオレンジ。

あとカナリアとエメラルドグリーンがくれば基本色はコンプリートです笑

このオレンジ、なんだか蛍光色っぽいですねぇ。

もう少し渋い色だったような気がします。

柿の色のような…


IMG_0191_20200810181312938.jpg

今回のコレもDCC化&仕上げの依頼で、先頭のヘッド・テールライト、乗務員室天井灯、方向幕灯、そして動力をコントロールできるようにします。

ロットによる違いはなさそうで、以前と同じようにできると思います。

が、回路は一応確認しておきました。

一緒でした!

そうなると横浜線のときと同じようにやればOKです。

んが、どうやったか記憶は曖昧で、このブログや注文書の裏に書いたメモ書きを頼りにします。(このブログの当初の目的です)


IMG_0200_2020081018151311d.jpg

加工の前には試運転をしてすべての機能がちゃんと動くことを確認しておきます。

でないとDCCを組み込んだあとに正常に動かない場合、どこを疑えばいいのかわからなくなってしまいます。

写真では伝わりづらいですが、ヘッドライトの色はやはり白でした。

IMG_0194_202008101815158f7.jpg

かっこいいです!


IMG_0195_202008101815120c1.jpg

片方の先頭車がライトが点灯しない、動力がぎこちない、動力車の室内灯がつかないという問題がありましたので、そのへんの整備もしましょう。

だいたい原因の予想はつきます。



★使用デコーダー


IMG_0207_2020081018182546f.jpg

動力に使用するデコーダーはDIGITRAXのDN136PSです。

デコーダーは変わっても配線の色でどの機能を受け持つかは規格どおりにできているので大丈夫です。

海外のサイトでは19米ドル未満で売られているのになぜか日本では3,000円オーバーで売られています。

いつからそんなに円安になったんだ。

それとも関税?手数料?

巣鴨のさかつうさんでは1ドル150円で計算してるそうなんですけど、そんなもんなんですかねぇ。


IMG_0205_20200810181826e2d.jpg

こちらは今回新しく使用するESUのファンクションデコーダーLokPilot Fx-V4.0です。(ESUはドイツの会社でエズーと読む。発音は天空の城ラピュタのパズーと一緒)

今まで登場したファンクションデコーダーはDigitraxのTF4でした。

TF4はESUのコントローラーとの相性は悪く、動きはしますが一定間隔でなぜかヘッドライトが減光するという現象が起きました。

コントローラーから出るバルス状の…間違えた。パルス状の電源の変化があり、これをモロに拾ってしまっていました。(パズーに引っ張られてしまいました)

今回は同じESU同士ということで、おそらくその問題は起きないと思います。



★仕上げは

DCC化だけでなくインレタなどを貼って仕上げるという工程も入っています。

青梅線仕様にします。


IMG_0193_2020081018345075c.jpg

モリヤスタジオのステッカーも預かっています。

色によって分けているようで、オレンジということで青梅線、武蔵野線、川越線の行き先が収録されています。


みんな知ってる103系、サザエさんにも出ている103系。

かっこよく仕上げたいと思います。



次回から作業です!
関連記事

Posted on 2020/08/10 Mon. 18:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  天賞堂  103系  オレンジ  DCC 
tb: 0   cm: 0

ウエスタンリバー鉄道のトミカ。最終回  

筆で塗ろうと思っていたキャブ側面は結局エアブラシで塗りましたよ。

壁はミスターカラー純正オレンジ、ネームプレートはエナメルのレモンイエロー+少量のオレンジ。

☆数少ない「よくわかる差」
筆塗りは苦手ですの


これでスプレー塗装は終わり!



塗料が乾いたらエナメル塗料で細かいところを筆で塗ります。

見本用のコロラドを参考にパイプや縁を塗ります。

☆こちらはまだ途中ですが
タミヤエナメルカラー「ゴールドリーフ」を使用


グンと引き締まって見えますね!

これで塗装は完了です!



最後の難関はキャブ側面の「RIO GRANDE」のロゴ。

これがないと差別化は図れません!

イラストソフトでロゴを作りラベルに印刷し、それを使います。

☆大きさ見本製作中
数字はパーセンテージ

元の写真は本物から。


計算が面倒なので何種類かの大きさで印刷し最適な大きさを探ります。


これを基準に色んなステッカーを作ります!

☆製作中
無料イラストソフトです


今回はNゲージリバ鉄用ステッカーやプラモデルリバ鉄用などを一緒に製作。

実はおれ自身ステッカーを印刷するのは初めて。

ウチのプリンターがそこまでの解像度で表現できるのか不安でしたが、とりあえずはやってみんことには。

ラベルは秋葉原のヨドバシカメラで買ったナカバヤシの極薄の透明光沢フィルム。

そしてどきどきの印刷!

☆完成ラベル
初体験


すげえええええええ!!!!!

思った以上の出来じゃないですかぁ!

やるじゃんPX-V630!


トミカではここのロゴは本物の字体など無視されています。

それっぽく収まっているというか…

リオグランデの場合は本物の字体で作ってみました。

他のトミカとのツヤの感じの調整が必要かと思いましたが必要なさそうですね!

☆貼ります
キズ付きやすい

このラベルは0.057mmの超極薄!

ガイドがないので尺と勘で切り出します。


ぺたぺた


☆アンバランスな感じはトミカ見本から
大きめってこと


いいんじゃないですかぁ?!

☆そして…
ウエスタンリバー鉄道トミカ【オレンジ】リオグランデ号


完成しました!!!


先輩の喜ぶ顔が目に浮か…

いや、そういえば先輩に一度失敗してごまかそうとしたことがバレてましたわ。

誰だ言ったヤツ!(οдО;)

え?先輩はこのブログを知ってるのかって?

もちろん教えて…


!!!!!!!!Σ( ̄□ ̄;)



茶番はいいって?

しょうがねぇなぁ~




最初は「トミカなんて…」と思っていましたが作業していくうちに愛着が沸いてくるので不思議。


「トミカで実際に存在したら」というシミュレーションをしながら製作していく工程は新しい世界を切り開いてくれた気がします。

タカラトミーにメール送ったりもしましたし。


いかがでしょうかね、トミカっぽくなってますか?

是非4台並べたところを見てみたいです!



さて、ついにこれで3大リバ鉄記事の1つが完結しました!



次はこのステッカーを使ってNゲージ修繕を進めましょうか!


ありがとうございました。
関連記事

Posted on 2012/03/01 Thu. 12:37 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

tag: ウエスタンリバー鉄道  トミー  トミカ  オレンジ  リオ  グランデ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ