FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

鉄道コレクション阪急6330系改修入場  

鉄道コレクションの阪急6330系が入場してきました!

☆留置線がいっぱいになってきました
早くなにか出場させねば

また阪急かよ!!!

と思った人、100人中28人だと思います。

タモリストラップはもらえるでしょうか。



この鉄コレ6330系は阪急が出したモデルで限定販売とのこと。

☆T車4両セット
限定品とのこと


特にフル編成にするためのこちらの中間のT車4両は全体で1000セット、関東では400セットしか販売されていないとのことでヤフオクでもアホみたいな値段がついていました。

転売ヤーは死ねばいいと思います。


さて、そんな1000分の1がウチにきて何をするか。

Nゲージ鉄道模型として走行できるようにし、トミックス動力(鉄コレ動力ではない)の取り付けとライト点灯化です!

つまりほぼいつものメニュー!

これが完成すれば、おそらく1000本の中でもトップ5に入る性能になると思います。



手を付ける前にまずは出来を見てみたいと思います!

☆プロポーション
プロポーション


かなりバランスよくいいスタイルです!

☆お顔
お顔


6300系と顔は同じハズですが…すいませんけどカトーの6300系よりこっちのほうがよくできてると思います。

☆お顔2
サボ受けもあるね


ライトレンズの前にちゃんとガラスが再現されています!

急行灯のレンズも再現されているので幾分加工は楽かと思います。

☆屋根
屋根

パンタはディスプレイ用の簡素なもので昇降はしません。

カトーのパンタは完璧なまでにピッタリ入るので交換です。

パンタの横にある意味不明な穴は塞がないといけませんね。

アンテナの穴は自分で開けるようです。

や~ね。


☆床下機器
床下機器

床下機器はプラスチックまんまという感じなので要塗装です!

☆室内
深さのある室内



ディスプレイモデルということで室内もカトーのものよりよくできています。

ウエイトや集電板がない分スペースができるので叶えられたものかと。




☆あの忌まわしい窓…
キミの横顔


カトーのものとコレでなぜ雰囲気が違うか…

それは窓枠をガラスパーツとボディ側どちらで再現しているかの違いによるものかと。


☆KATOのほうがつまり不自然な構造ということだ
おれはこっちのほうが好み


これらカトーとの違いは改造に際してはプラマイ0ですね。

ヒゲパーツが分離できないからライトの遮光処理がしにくいけど、そのまま使えるライトレンズパーツがあるから仕上げはしやすい。
カトーのようなヘッドライトプリズムがないけどそのぶんLEDを持ち上げてヘッドライトの光を強くできる。


一言でいえば、加工の手間は増えるけど仕上がりは向上する!ってこと。




…それって施工するだけのおれとしてはマイナスだな(笑)



製作開始は、嵐山線が終わってから!

目指せ1000本のトップ!
スポンサーサイト



Posted on 2013/03/03 Sun. 11:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  鉄コレ    阪急6330形 
tb: 0   cm: 2

コメント

テールライトと急行灯の飾り帯部分、外れますよ。
少し組み付け部分をあたってやると、奥まり感を調整できるかも。
ここ画像アップはできないので文字で書いちゃいますが。
ヘッドライトレンズは表面のガラス+2本の円柱で、一体になったものが表からはめ込み。
テールと急行灯はGMのトレーラーと同じような感じで、前面窓ガラスと一体です。

中間セットの数は、1000だけど。
先頭6セットから、8連組んでも変わらないですからね。
総数はもっと多いかも。

最初の小さな試作品写真は、うわっ何これって感じだったけど。
実際に出てきた品物の印象把握はいい感じだと思いますね。

後は、床下機器をどうするか…。
6300とは違いますからね…。

URL | Mu #CnwbxUkc
2013/03/03 12:18 | edit

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

そうですね、かなりバラバラにできましたね。
ライト点灯化はしやすそうです。

床下機器を似せるのは問題ないですが、せめて特徴的な機器は同じものにしてほしかったと思いますね!
コンプレッサーはC2000がついていますが、実車はHB2000のようですし。


今は妻板配管をどうしようか悩んでいるところです。
京とれいんに使った方法がありますけど、塗装の問題とかね。

返信が遅れて申し訳ありません。

URL | 高橋 #-
2013/03/06 18:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/500-6b8b622a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ