FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

カツミの1/80ホキ2500をホキ9500にして青梅線石灰石列車にしよう6:ウェザリング~石灰石~完成  

ここからは貨車を貨車らしく汚します!


今回のホキ9500は石灰石を積んで走ります。

積み降ろしの際には砂ぼこりが舞い、色んなところまで白くすすけます。

実際の汚れ具合を見て石灰石の粉塵によるすすけ汚れを表現します。


IMG_2058.jpg


IMG_2059_20190724111558b98.jpg


IMG_2057_20190724111539e82.jpg

いいですね!


IMG_2075.jpg

実車は足回りはかなり白くなってしまっています。

もとからこういう色なのかと思ってしまいます。


IMG_2077.jpg

裏側は分かりませんので想像で…。

ホッパーからガラガラガラーっと落とした石灰石の粉塵がつきまくると思います。

また、屋外ということで水の跳ね返りなどもあるでしょう。

それによってダマになった石灰石粉塵があるハズです。

IMG_2071.jpg

これは粒を大きく吹くことで再現。

濃い目に溶いた塗料を高圧でムリヤリ大きい粒子にして吹きました。


IMG_2069.jpg

ホッパー部(開くところ)にはおそらく雨とかでダラーっと垂れた石灰石粉塵が特徴的な汚れとしてついています。

これは水性アクリル塗料で表現。

IMG_2070.jpg

あまり汚れていないヤツや管理体制を疑われるくらい汚れているヤツをほどよく混ぜました。

ここまでできたら全体にツヤ消しを吹きます。

全体のツヤが整います。

使用したのはスーパースムースクリアーつや消しです。



★合体

IMG_2078.jpg


合体させて汚れの微調整。


★給油

ホッパの蝶番には適宜潤滑油をさします。

かなりたっぷり雑に塗るようで、重力で蝶番の下に垂れた跡がついたりします。

それを再現しました。

IMG_2100.jpg


使用したのはタミヤアクリルのスモークです。

つや消しを吹いた後に塗ったのは、油のテカリを消さないためです。

先に筆でチョイっと塗って少し乾かしたあとに、溶剤でなぞってやるとイイ感じにグラデーションができます。

つや消しを吹いてしまうと毛細管現象で溶剤が広がりすぎるので注意しましょう。

IMG_2110.jpg

油の塗り方もワンパターンでなく色々。

給油直後だったり、だいぶ時間が経っている状態だったり。



★石灰石積載

石灰石を積みましょう。

IMG_2099.jpg

使用するのはモーリンのRストーン石灰石1/80です。

土台無しでの1両の重さは約97g、16両で(製作数は18両ですが、石灰石列車は16両が最大)1.552kg。

そう考えるとなかなか重いですね。

ちなみに空車重量は約38gです。


IMG_2087.jpg

このうち4両には秘密兵器の3Dプリントのナイロン土台を仕込みます。

土台は真っ白なので、透けて見えても大丈夫なように塗装しておきます。


IMG_2089.jpg

石灰石を載せます。

最下層はスプレー糊でやってみましたがうまく全面にくっつきませんでした。

しかしコレを繋ぎとして上に撒いてからボンド水で固定すればOKです。

IMG_2092_201907261006215ec.jpg

筆で形を整えます。

1点から降り注ぐ石灰石投下口から積まれたら円錐状に広がるので、自然な形になるようにします。


IMG_2113.jpg

できました!

固定は水溶きボンドです。

レイアウトにバラストを固定するときと同じ手法です。

ナイロン土台を使用した場合の重量は52g、45gの節約です。

ハッキリ節約できていることが分かります!



★安い土台

重くなりすぎるのは問題ですし、ナイロン土台は1両分1,000円と高い。

もっと安くできないかと考え、ティッシュを使う案を思いつきました。


IMG_2088.jpg

このように下のほうにティッシュを押し込み、ボンド水を垂らします。

水分を含めば形を作ることができるようになりますので、平らにします。

その上に石灰石を積みました!

見た目は全く分かりませんが、重量は17g減りました。

ナイロン土台に比べてわずかですが、16両にすると272gの軽量化。

フル積載3両分くらい軽くできます。

石灰石のボトルは1つ約190gですから、ボトル1つ分以上節約できます!

IMG_2106.jpg


石灰石を積む作業が何か知りませんがこんなに楽しいというか嬉しいというか、ハッピーな気持ちでやれるとは思いませんでした!

なぜだろうと考えました。

私は電車の写真を撮るときに人が写っていないとヤなのですが、それは電車は乗せるために存在しており、人を乗せているときに「電車」としていちばん輝いているという信条だからです。

貨車でいえば…いや、ホキ9500でいえば石灰石を積んで運んでいるときがいちばん輝いているのです。

いつも空車ばかり作っていた中で、ホッパ車として立派に役目を果たしている姿に仕立てているからハッピーな気持ちなんだと思います。

積む作業も本物と全く一緒でしたし笑

真上からバラバラーっと。

さすがに本物のように4箇所同時は無理ですが笑

IMG_2115.jpg

いいですね!

結構ズッシリしますねぇ。



★牽引力の不安を払拭

石灰石を積んだら結構ズッシリします。

3両(3パターン)積んだ時点で重量を測って16倍し、トミックスのEF64-1000形を使ってその重量を牽引できるかテストしました。

列車重量は想定される最大で1,269g。

約2,000gの列車を空転もすることなく牽引できたので、OKとしました。

転がりがいいように車軸にグリスも差しておきましたので大丈夫でしょう。

長い勾配があったらわかりませんが…

IMG_2124.jpg

走れることも確認したので、完成です!



次回、軽く総括しておすそわけの話をして最終回とします。
スポンサーサイト



Posted on 2019/09/19 Thu. 00:00 [edit]

category: 貨物

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  ホキ2500  ホキ9500  奥多摩工業 
tb: 0   cm: 2

コメント

ころがりはどうですか

私のホキは初期の製品のため、車輪のころがりが悪く軸受けを削りましたが、近年の製品はころがりは改善されているのでしょうか。
16両揃うと壮観でしょうぬ。

URL | jinchan1959 #JxT2ZqZE
2019/09/20 22:37 | edit

Re: ころがりはどうですか

jinchan1959さま

コメントありがとうございます。
今回のホキは、プラ台車ならこんなもんかなーというような転がりでした。POMではなくABSっぽかったので接触面がが硬く、キュルキュルという異音が当初からしておりましたが、グリスを差したら改善しました!
16両は圧巻でしたよ!加工は大変でしたが、それに見合うものになりました!

URL | 高橋 #-
2019/09/21 23:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1505-85cb3bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ