すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造の代行、たまにどっか行って、稀にプラモデル。ドラえもんが好きです。

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕season3ー3  

★機関車動力装置点検

おお、これだけを聞くといかにも車両センターの仕事っぽい!

でも実際は1/80です。

機関車の動力の問題は、謎の過電流による電源トリップです。

これについては原因の検討が2つほどついており、対処の方法ももう会得済みです。

1つはモーターが傾くか何かでまわりのダイキャストフレームがモーターに触れ、モーターを通して左右のダイキャストフレームが短絡してしまうのです。

絶縁シートを貼って対処。


2つめは、あまりにも集電状態が悪いまま高速で回そうとしたとき、寸動となります。

フライホイールがないモーターの場合、この寸動のピクンと動くたびに起動電流(モーターの起動電流は定常の6倍と言われてる)が流れ過電流とされてしまいトリップとなるパターン。

これは通電をよくしてやれば解消します。


古い製品の動力ユニットには、グリスにホコリやチリやなんかが巻き込まれていることが多いですが、グリスに引っ付いているため洗浄すればそれらはキレイさっぱりなくなってしまいます。

2017041720420001.jpg

グリスがキレイさっぱりなわけですから、新しいグリスを充填してやります。

2017041720450000.jpg

生まれ変わった動力ユニット。


★色差し1号


2017040812090000.jpg

動輪と先従輪に色差しをします。

輪心とタイヤに段差と隙間があり、この辺の処遇をどのようにしようか迷うところです。

模型は輪心のまわりをタイヤで縁取っているような感じになっていますが、実車にはそんな段差はありません。


2017040821480000.jpg

検討した結果、手間はかかりますがこの隙間を埋めてからホワイトリボンを塗り、本物志向を目指します!

2013_10300034改


ホワイトリボン。

車やバイクの世界ではタイヤの縁が白く塗られてるのをホワイトリボンと言いますが鉄道にその呼称が当てはまるかは知りません。

プライマーを吹いたあとにまず赤を吹き、次にホワイトリボンを塗ります。

プライマーはガイアノーツのマルチプライマー。

輪心が軟質プラで普通のプライマーでは満足に食い付きません。


2017040914000000.jpg

いいですね!

本物と同じようになりました!

2017041720440000.jpg

ロッド類を組み立てて

2017041720510000.jpg

動力ユニットに取り付け!



次回、色差しをしながら組み立てていきます!
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/25 Tue. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

東武6050系、疎開。  

ダイヤ改正で6050系がこっちのほう(押上)に来なくなるということで乗りに行ってきました!

デジカメが壊れたためケータイ電話で撮ったぼんやりとした写真しかありません。


NEC_0460.jpg


NEC_0462.jpg

今日を以て隅田川ももう渡らない…

コレの折り返しに乗りました。


NEC_0464-2.jpg

下り最終。

本当は、以前京急で実施した「地元の駅から乗り換えなしで行けるところまで行ってみよう」企画と抱き合わせて6050系で福島県は会津田島まで行こうと考えていましたが、時間がない上に新しくできた特急リバティも会津田島まで行くとのことで、まだ今後も成立する企画なのでやめておきました。

人がたくさんいました!

鉄道の写真に人が写りこむのがイヤだという方もいますが、私は「鉄道は人が乗るもの」という考えですので、むしろ居てくれなきゃヤです。

マニアの方が最終列車に群がっているのも、それもひとつの鉄道を主役にしたシーンですので。(ブログ用に画像加工するのがめんどくさいけど)


下り最終は6152+61201+61103編成。

東武鉄道、会津鉄道、野岩鉄道車オールスター編成です。

私はモーター音を楽しむため61201号に乗車。


板倉東洋大前でお別れ。

板倉東洋大前で降りてもなんにもありませんでしたので、上り最終が来るまでの時間は春日部で過ごすことにしました。

板倉東洋大前→南栗橋→春日部の道中では本線には2本しかない30000系にも乗車。

日頃の行いがいいのでしょう。

春日部での時間の潰しかた…


NEC_0477_20170423150549177.jpg

春日部はクレヨンしんちゃんの舞台。

クレヨンしんちゃんの作中では「サトーココノカドー」として登場するイトーヨーカドーに行って食事してきました。

ちょっと前まで看板を本当にサトーココノカドーにするキャンペーンをしていたとのことでしたが、もう普通に戻されていました。

GWくらいまでやっとけばよかったのに。


ちなみに6050系はクレヨンしんちゃんにも登場したことがあります。

Cresin6050-1.png

Cresin6050-2.png

Cresin6050-3.png

Cresin6050-4.png

※映画「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」より引用


浅草に向かってるのにクハが前になってるなぁなんて言ってはいけません。

別に電車とわかれば何でもいいと思うのに、ものすごい再現度だと思います。

妻面ステップまで描かれています。

ちゃんと1番線っぽいところから乗ってます。


もう明日(4月21日)からは春日部にも6050系は来ません…


NEC_0482_20170423150713849.jpg

NEC_0485_2017042315071422a.jpg


上り最終6176+6170+6160編成の6260号に乗り込み、ボックスシートに着席。

追加料金無しでこのボックスシート車に乗れて結構早い唯一の列車、6050系の快速。

やっぱこの時代の電車の座席はフカフカでいいですね!


NEC_0488-2.jpg

浅草駅。

こんな模型のようなエグいカーブを走る姿も簡単に見られなくなります。

NEC_0492.jpg

行っちゃった。

行き先は地元の留置線です。

NEC_0495-2.jpg


5番線の壁には6050系が浅草駅から姿を消すという展示がされており、みんな写真を撮っていました。


ここで初めて知った事実ですが…300系も引退なんですって。

300系は完全引退?!

ええー!

情弱…

廃車ですか??


NEC_0513-2.jpg


NEC_0510-2.jpg

地元の業平橋留置線にてスカイツリーと最後の夜をパチリ。

この留置線までは自宅から自転車で3分。

6050系がここからいなくなるということは、私としては地元の風景が変わってしまうということ。

小学生の頃移動教室で日光に行ったときに学校のみんなと乗ったのがたぶん初めてで、そこから何かと縁のある6050系。

浅草から2駅移動するだけなのに爆睡してしまい、気付いたら新栃木にいた(昔は浅草発新栃木行き準急がバンバン走ってた)なんてとき、絶望の縁にいた私のところに来た上りが快速浅草行6050系で、だいぶ気持ちが楽になったなんてこともありました。

小山にいる親戚の家に行くときも6050系で栃木まで行って両毛線。

夜に1本だけある6050系を使った準急にたまたま乗れてラッキーな思いをした方もいるでしょう、わたしもその1人です。


あーあ、また東武らしい車がこっちのほうからいなくなってしまった…
関連記事

Posted on 2017/04/23 Sun. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 東武6050系  ダイヤ改正 
tb: 0   cm: 2

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕Season3ー2  

バラバラにしましょう。


2017040723400000.jpg

さすがに手慣れたモンですが、慎重さは欠いてはなりません。


2017040723410001.jpg

動輪のゴムは剥ぎ、シンナーを使ってピカピカに。


2017040723440000.jpg

この黒いのは車輪ゴムの成れの果てです。

ひええ!

その他のパーツもお湯で洗いピカピカに。

導通部品の一部は酸で洗い更に磨いてピカピカに。

☆ビフォー
2017040723300000.jpg

☆アフター
2017040810550000.jpg



では、手を加えながら組み立てていきましょう。


★テンダー車

集電の要となるテンダー車。

テンダーの車輪は鉄道コレクションの5.6mm車輪に取り替えます。

元のものはステンレス製で転がりがあまりよくなく、汚れも落ちにくいのです。

鉄道コレクションの車輪は現代の水準の車輪ですから、性能がいいのです。


2017040811310001.jpg

ステンレス車輪にあって鉄コレ車輪にはない、通電パーツがハマるための溝。

これがないと通電パーツが通電部から外れるのではないかという指摘をされましたが、

外れません。

通電パーツがそこそこ深くシャーシに突き刺さっているので、枕木方向にはほんの0.5mmくらいしか動かないので、車軸に溝がなくても大丈夫なんです。

ちなみに鉄コレ車輪は手元に多くあるから使ったまでで、トミックスの旧集電方式の通電車輪も使えると思います。

このメッキ車輪にも塗装をします。


2017040813070000.jpg

いいですね!

踏面はしっかりシンナーで塗料を落としました。


2017040813360000.jpg

重量化するために釣具屋さんで見つけた板おもりを新しく使用します。


2017040813370000.jpg

薄くて扱いやすいので、空間に詰め込むには最適です。

偶然ながら幅もピッタリ!


2017040813550001.jpg


いい感じの重量化ができました!

24gから41g、1.75倍になりました!


2017040814020000.jpg

導通部品を磨き組み立て。

見た目としては車輪の色が変わっただけですが、すごく変わった気がします!



次回は機関車に手を入れます。
関連記事

Posted on 2017/04/19 Wed. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕season3ー1  

またまたトミックスのウエスタンリバー鉄道リオグランデ号機関車がやってきました!


NEC_0437.jpg

リオグランデ号を見るのは7機目、ブログで登場したもので4機目です!

参考:
1、前の会社の人が持ってたもの
2、ゆうゆう鉄道先輩のA
3、元ボログランデ現ミシシッピ号の
4、ゆうゆう鉄道先輩のBで現在ウチの
5、ゆうゆう鉄道先輩のC
6、前の会社の上司の
7、今回の※

※=ブログで登場


今回の入場の目的は修繕+色差し!

色差しは初めての試みです!


まずは今の状態をチェックしましょう。


★外観


NEC_0439.jpg

ほとんど汚れも手垢もなく完璧に近い外観です!

今まで見た中でも一番状態がいいです!

NEC_0442.jpg

NEC_0441.jpg

NEC_0447.jpg

NEC_0440.jpg


NEC_0443.jpg

いつものことですが、車輪ゴムは完全に劣化していてアウトです。

主動輪のものに至っては、「ない」。

交換&取り付けです。


★動作


NEC_0456.jpg

前進・後進ともにかなりスムーズに動きます!

そりゃそうだ、車輪ゴムがないんですから集電性能が上がっているのです!

車輪ゴム劣化のためガタつきはあります。

ガタつきは車輪ゴムを交換すれば解消されるはずです。

ライトもちゃんと点灯します!


車輪ゴム以外は手を加える必要はないか…

と思ったら


NEC_0448.jpg

あれ?

電源が飛んだ。


何度か往復させるうち、数回電源が飛んでしまいました。

しかし発生原因は大方予想がついていますので、問題ないかと思います。



★修繕結論

大規模な修理は必要ありません。

車輪ゴム交換と、テンダーの集電性能を上げましょう。



★色差し&改造

ミシシッピ号に変身する前のボログランデに途中まで施した色差し

今回はその色差しを完成形まで持って行き、さらにヘッドライトのLEDの交換という内容が加わります。

一味違った修繕記録をお楽しみください。



次回から取り掛かります!
関連記事

Posted on 2017/04/17 Mon. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

アクラスHOゲージJR205系横浜線H27編成を作ろう5:室内  

室内を作っていきます。


ここは今までのH28編成、相模線R13編成とほとんど変わらない段取りです。


2017032617130001.jpg

裏の設計ミスのリカバリーをしたら光抜けを防ぐブラックを塗ります。


2017032617140000.jpg

表面には座席のモールドがあります。

まずはこの座席から塗っていきます。


2017040110350000.jpg

H27編成やR13編成のときの記事を参考に(これがこのブログの本当の存在意義)、同じ色より少し暗めの色を作りました。

少し暗めにする意味は、間近で高橋スペシャル室内灯の光(明るい)を受けるからです。


2017040116270000.jpg

いいですね!


マスキングしてサーフェイサーを吹いたら床を塗りますが、今までツヤ消し仕上げになっていた床を今回はツヤがある仕上げにしてみようと思います。

前作313系の床がツヤあり仕上げになっていて、室内灯を点灯させたらいい感じの反射をしていて先輩方にも好評でしたので、今回から採用です。

下準備としてツヤ消しクリアーがついてしまっている座席周りの床面に1500番のペーパー掛けをしておきます。


2017032617140001.jpg

こちらの乗務員室の床の不使用のモールドも削り取ってしまいます。


2017040518040000.jpg

色は以前の205系の2作で作った色と同じブラウン系の色です。

床面は半光沢、座席はツヤ消し仕上げになってしまっていますが、クリアーを少し厚めに吹けば無理矢理ツヤを出すことができます。

これはある意味荒療治で、室内で比較的目につきにくく、且つモールドがそんなに精密でないからできる方法です。


2017040713410000.jpg

いいですね!

思ったよりツヤは出にくく、5回も重ね塗りしてしまいました。

下回りとドッキングさせましょう。


2017040817470000.jpg

集電板は、室内灯などに備えてボディに給電できるように板に真鍮で作ったパーツを取り付け。

ウエイトも仕込み台車とドッキング。




2017041121110000.jpg

相変わらず車端部のシートは足りない(よくないことです)ので、今回もカツミの軟質プラ製ロングシートを切って使います。

統一感を持たせるために軟質プラ製ロングシートは優先席の位置に使用します。

このシート、扱っててあまり好きじゃないです。

軟らかい素材だからサンディングしたら細かいカスが材料についたままになるし、色も乗らないからです。


2017041121490000.jpg

別パーツになっている座席は塗装してから取り付けられるので楽チンです。

いっそ長座席も別パーツにしてくれればいいのに。

切った座席はガイアマルチプライマー→ブラックサーフェーサー→普通のサーフェーサーの順で下地を作り、3色に塗り分け。

近鉄マルーン、ジャーマングレイ、クロームシルバーを使用。

2017041222080000.jpg


ツヤツヤの床にツヤなしの座席、塗りわけられた優先席。

今までで最高の出来です!


2017041222060001.jpg

給電パーツがつく側は今までと同じ優先席側。

優先席側なら、一番近い窓に優先席ステッカーが貼られるので反対側よりは目立ちにくいだろうという魂胆。


2017041222010000.jpg

工程が進むたびにいちいちクハの床下には目が行ってしまいますね!

精密です!

…浮いてますね笑

早く車体とのシンクロ具合を見たいです!


2017041222110000.jpg

本来車端部にはこちらのジャンパー栓パーツがつきます。

しかし精密なパーツのため、途中で折ったりしないように完成直前に取り付けることにしましょう。

てなわけでひとまず床板は完了です!

これでとりあえずは走る状態になりました!

連結器の作動具合や転がり具合を確認し、床板からは離れましょう。



次回は屋根を作っていきます!
関連記事

Posted on 2017/04/13 Thu. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  アクラス  JR205系  横浜線  H27編成 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ