FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

トミックスJR209系京浜東北線をドレスアップ2/3  

まずは車体をバラバラにします。

IMG_0193_202003141702141ab.jpg

台車と車輪、床板、室内パーツはそれぞれ塗装に入るので洗浄しておきます。

ついでにボディーも洗浄してピカピカにしましょう。



★足回り、床下加工+塗装+ウェザリング


IMG_0164.jpg

今回初めて銀河モデルのパーツを使い波打車輪を再現します。

負荷がかかる部分ではないので手軽にスプレーのりで貼り付けました。

☆ビフォー
IMG_0194_20200314170004336.jpg

☆アフター
IMG_0195_2020031417000678d.jpg

床下、台車、車輪はウェザリングをするので下塗りをしておきます。


IMG_0204.jpg

車輪塗装用の治具をつくりました。

事務用の穴あけパンチの穴の直径が絶妙だと言うことに気づき、ダンボールに穴を開けて作りました。

若干穴の方が大きいですが、吹き付ける角度を工夫すれば、段ボールの厚みも手伝ってそこそこなマスキング効果が得られるはずです。

IMG_0210_202003141704583e2.jpg


使用したのはガイアノーツのニュートラルグレーⅤです。

台車と床板も同様に塗装しました。

ほとんど色は変わりませんが、生のプラスチック感は消えました。


続いてウェザリングです。

使用するのは、タミヤアクリルのフラットアースです。

汚し具合は中程度にしてくれと言われています。

抽象的ですが、私の思う中程度と言うことで良いそうです。


IMG_0213.jpg


IMG_0212_20200314170644dc1.jpg

できました!

うっすらとグレーが分かるくらいの感じにしました。

導通パーツは、魔法の液体を使って逆にピカピカにしました。

導通は加工前より改善されるハズです!

マスキング漏れが懸念材料の車輪は、踏面を乾拭きで拭ってやれば大丈夫でした。



★室内塗装


IMG_0032.jpg

室内は塗装で表現してほしいと言われていました。

座席はブルー。

使用したのはGMカラー16番です。

すぐ近くで室内灯の光にさらされるため、暗めの色にしておきました。

マスキングが面倒な車端分は筆塗りです。

優先席もしっかり塗り分けました。

塗装前の写真は忘れた。



★カプラー交換


IMG_0244_20200326172628970.jpg

カプラーは、TOMIXのTNカプラーからKATOのボディマウントカプラーに交換します。

これに後付けのジャンパ栓パーツを取り付け、さらに連結面のリアリティを上げます。

ただしそこそこの加工が必要になります。

KATOカプラーは、4581C3。



IMG_0250_2020032617262973a.jpg

ジャンパ栓はZ04-5589です。

ダンパーを切り取り、ジャンパ栓にのみ塗装とウェザリングを施し、連結機能のあるカプラーはそのままにしておきます。

上の写真は加工前と加工後です。


取り付けに関しては綿密な調査が必要です。

連結面間隔は少し余裕を持たせないと連結できないし、高さも注意しないとボディと干渉します。

他のKATO製モデルも使って高さを決定し、スペーサーをかまして取り付けます。


IMG_0249_202003261728456a2.jpg

床板への取り付けはネジ留めです。

エコーモデルの精密ネジ1.2×3mmネジです。

動力車も頑張ってネジ留めにしました。


IMG_0029_20200401162445c55.jpg

繋いだらこんな感じ。

いいですね!

これ以上連結面を狭めたら、充分に押し付けられなくなり連結できなくなります。

これが限界です。

もう1ついいことがありました。

ジャンパ栓は連結するもの同士の片方に付くので、編成を組むときに間違えることがなくなります笑



★先頭床下

先頭床下の精密感アップのために市販パーツの取り付けをします。


IMG_0007_20200326181701aff.jpg

こちらはガレージメーカー西多摩車両工業の3Dプリントパーツ「209系用スカートA」です。

Aは川崎重工製、Bは東急車両製という区別です。


IMG_0020_20200326181702b9d.jpg

組み立てるとこんな感じ。

慣れてないと危ないのは、ウチのも含めて3Dプリントパーツ全てに言えることです。


IMG_0022.jpg

精密でいい感じです!


IMG_0024_20200326181705b46.jpg

寸法が少々きつめですがうまくやれば入ります。

怖い人は床板側面と接触する面を削りましょう。

コレをつけると床板とボディも少々きつくなります。

前面側、妻面側の好きなほうを削りましょう。


IMG_0025_20200326181706204.jpg

ATC受電器は1067mm/150のファインスケールのようですので、レールの真上にはきません。

これは設計するほうとしては悩ましいでしょう。

昔東急のを作ったとき、私は9mmに合わせたと思います。

いくら泣いてもレールは9mmゲージで、受電器はレールの真上にあるべきものだということで。



次回はボディの加工と仕上げです!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/04/05 Sun. 13:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  JR209系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

ZugのHOゲージ西武新101系をつくろう3:パンタ有り中間車と先頭車、継ぎ目処理  

東村山市も通る西武鉄道のお話です。



この回でパンタ配管までを書いて1本にしようと思ってたんですけど、今後がうまくまとまりそうになかったのでちょっと方針変更です。


★パンタ有り中間車

組み立てに関してはパンタなし中間車と特段変わりはないのですが、屋根と妻面に加工が生じてきます。


IMG_0878.jpg

屋根はかなり派手に穴を開けます。

これ全部に何らかのパーツが付くと考えると大変なことです。

しかしその分、立体感があって見栄えのする屋根上となるハズです!


パンタ車の妻面と言えば配管。

こちらのキットはパンタなし車とパンタ有り車の妻面は共通のパーツが使われていて、パンタ有り車の場合は穴を開ける作業が生じます。

IMG_0065_202003171743223cd.jpg

パンタ配管おさえを別パーツとしてこの穴に取り付けられます。

合理的な設計です。


ここでは穴だけ開けて、配管おさえは後で取り付けます。



★先頭車

いよいよ先頭車です。


IMG_0061_2020031717465577e.jpg

先頭車の内側は、中間車と同じ+乗務員室部分をライトグリーンという塗装です。

IMG_0069_20200317174655dee.jpg

こんな感じ。

このあとボディ塗装をすることを考えると侵食される可能性もありますが、内側は先に塗るのがセオリーです。


IMG_0083_20200317175054469.jpg

形にしました!

ついに編成全体の形が見えてきてテンションが上がります!



★継ぎ目消し

鋼鉄の全塗装車体は、妻面と側面の繋ぎ目はなく滑らかです。


IMG_0086_20200317175623650.jpg

IMG_0089.jpg


キットの性質上絶対にこういう線が出てしまうので、コレを消す処理をします。


実は、箱にする段階で幾らかの手は打ってあります。

接着剤をたっぷり塗ってくっつけて、ワザとムニュッと外側にはみ出させます。

こうすれば、しっかりくっつくだけでなく接着剤が隙間を埋めてくれるので処理が楽になります。

ただし、はみ出した接着剤は乾くまで絶対触っちゃダメです。

組んだらしばらく放置しておくのがよいでしょう。

はみ出した接着剤には、溶けたプラスチックが混じっています。

はみ出た接着剤に触ってしまったことに気が付かずにボディを触ってしまうと、最悪ボディに「指紋のモールド」が出来上がってしまいます。


IMG_0202.jpg

うまくはみ出なかったり、形状的に無理がある場合はパテを使って埋めます。

パテと接着剤が完全に乾いたら、サンディングで形を整えます。

IMG_0196_20200317175625d21.jpg

こちらの先頭車の前面との接合部は特に注意してサンディングします。(写真のはちょっとパテを盛りすぎ)

整形の範囲が前面のRにかかるので、顔の印象まで変えてしまいます。


成形できたら、サーフェイサーを吹いて確認!

成形に難があると思ったら完全に乾いてから成形しなおします。

濃い目のサーフェイサーならすこしだけ盛り上がってくれるので、やり直しができるようになります。

明らかにエグレメグレになってしまったら観念してパテを使いましょう。


IMG_0027_202003260349136df.jpg

IMG_0024_20200326034915375.jpg

継ぎ目はバッチリ消えました!

IMG_0026_202003260349129a2.jpg

屋根の継ぎ目も消しました。


IMG_0025_20200326034911f48.jpg

できました!

塗装直前の状態です。


さて次は…

配管にしようか塗装にしようか悩ましいなぁ。

関連記事

Posted on 2020/03/31 Tue. 17:00 [edit]

category: 西武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  Zug  西武新101系  1/80  16番 
tb: 0   cm: 0

エッチングに挑戦!5 【題材:ウエスタンリバー鉄道煙室扉プレート改・側面プレート改・ホワイトウォール前編】  

ここまでエッチングについて色々書いてきました。

今ではすっかり挑戦の域を出ていますが、そのさなか韓国に対する戦略物資の輸出管理強化があり、そのニュースに出てくる物質とその作用について、そしてその物質の品質が下がると半導体製造にどう影響するのかというのは、エッチングを実際にやっている身だからこそ理解できるところは多かったです。

レジストやエッチングガスというワードがよく聞こえてきましたが、このブログで扱っていたものに置き換えるとレジスト=マスキングに使ったインレタ、エッチングガス=エッチング液になります。

これらの品質が悪かったら出来上がるものにどのような影響が出るかというのは、感覚的に分かるのです。

レジストというのは光学的にマスキングをするというものですが、これの質が悪いとマスキングしなきゃいけないところにマスキングがつかない、しなくていいところにマスキングされてしまう…

これが半導体にどう影響するか。

半導体は「回路」ですから、電気の通り道を正しく繋いでやる必要があります。

電気の通り道はこのエッチングによって作り出されるので、回路をちゃんと作れないと電気が通ってはいけないところに電気が通ったり、電気が通ってほしいところに電気が通らなくなったりするダメ回路を作ってしまうのです。

そういうことが起きれば、電気に詳しくない人でもそれはダメだということはわかっていただけると思います。

小学校の理科のレベルです。


この管理強化の話が出てフォトレジストとエッチングガスのことをちゃんと知った私の感想は、

「いいなーなにそれ、超ほしい!」

だったんですけど、モデラーには売ってくれないので諦めました。


世耕さん(当時経済産業大臣)に声を大にして言いたい。

生まれも育ちも悪いけど、オレのこと、韓国よりは信用していいぞー!!!







再び両面エッチングに挑戦です!

新しく原稿を作りなおしました。

サイズも見直して、ランナーの残しかたも再考。

作業性とエッチング液の消費量を相談しながら作ります。


★煙室扉プレート


WRR-TrainNumberPlate-EditAI-DEKITA2.png

煙室扉プレートはこんな感じ。

サイズを見直し、ランナーもエッチング液を極力消費しないようにしました。

なぜか機関車12両分。

ちょっとだけ作るのは効率が悪いのです。

この世に2機しかないミシシッピ号(1機は水さん、ゆうゆう鉄道来訪済み)のやつが、既に2つオーバーフロー。



★側面プレート


WRR-ManufacturerPlate-EditAI-DEKITA2.png

側面プレートはこんな配置。

サイズも見直しました。

上2段はリオグランデ号、ミズーリ号、コロラド号で色は黒、下1段はミシシッピ号でライトブルーと塗り分けがしやすいように段を分けました。

ミシシッピ号用なんて使うのはオレだけだもんねー!
やーいやーい!

あっ、でもミシシッピ号、厳密にはおれのじゃねーや!!!

先輩のだった!!!!!!!

すっかり自分のものと思い込んでしまっていました!!!!!

いけません。

ちなみに、小さくなったぶん消えそうな小さな文字は少し強調しておきました。



★ホワイトウォール


WRR-Whitewall-EditAI-DEKITA2.png

動輪と先輪の縁取りの白い部分のパーツです。

こちらはサイズはよかったので、エッチング液の節約と作業性を考えた構成にしました。


WRR-WhitewallTEST-EditAI-DEKITA2.png

動輪の中に先輪が入りそうだったので入れてみたら、とてもイイ感じでした!

これぞ理想のパーツ配置!

うまく出るか分からなかったので動輪用の予備も2つ入っています。

ウエスタンリバー鉄道の機関車はB級です。

でもどっちにしても先輪とは数が合わないため必然的に先輪の予備だけが余計増えることになります。

余った分は、色を塗り替えて東京メトロの路線シンボルにでもしようか。

何に使うんだ。



★インレタできた


IMG_0326WRR-TrainNumberLetter.jpg

IMG_0328_20200327144528226.jpg

IMG_0324_20200327144530b8c.jpg

IMG_0325_2020032714453151f.jpg

できました!

インレタのできばえは相変わらずスゴイです!

小さくなった分、細かい文字は更に小さくなりました。

強調していなかったら消えていたかもしれません。


こういう細かい文字は、エッチング液が流れていかなかったりうまく攪拌されずにエラーが出やすいです。

気体ならそんな心配は少なく、高品位なものを低エラーで作ることができます。

いいなーエッチングガス。

でもエッチングガスを使ったドライエッチングという加工をするその装置は高価だそうで、俺みたいな中小零細モデラーには無理ですね!

諦めて業者に依頼します。

今回のレベルのやつがウチで作れる限界ですかね!


ちょっと長くなっちゃったんで1回しめます。
関連記事

Posted on 2020/03/27 Fri. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ウエスタンリバー鉄道  エッチング 
tb: 0   cm: 0

阪急4050型Nゲージ修繕  

阪急4050型のNゲージモデルがやってきました!


IMG_0232-2.jpg

ヤフオクで落としたというこちら、ボディはとってもシャープな出来で真鍮キットのようです。


4050型とは事業用車で、主に救援(故障して動けなくなった列車を引っ張って移動させる)のための車両だそう。

ほとんど出番がないそうで車庫に眠っていることがほとんどだそう。(良いことです)

阪急ごっこをやるときのアクセサリーとして導入したようで、自走もしなければライトもつきません。


3両ある全てなぜか4052号になっていますが、今回はコレを実際どおり4050、4051、4052にしてくれという依頼です。

コーポレートマークも貼り付けます。

修繕もします。

形態も直します。


★ナンバー

4050型のインレタを探してもなさそうだし、別件で白インレタを作る用事があったので隙間に忍びこませました!

IMG_0116_202003141751548d7.jpg


サイズを確認したら、普通の旅客電車と同じ大きさでした。

センターから寄ってるし、車体幅も違うっぽいのでわかりにくかったです。

現物合わせで確認した答えが、「普通の旅客電車と同じ」です!


IMG_0246_202003141754532a2.jpg

もとのやつを取るのは意外と大変でした…

こちらは魔法の液体に浸けているところです。


IMG_0277.jpg

どうしても取れないヤツは、サンディングで取ってからリペアという手段を用いました。

おそらくツヤ消しのデコボコした表面にデカールがしっかり食い付いているからだと思います。


IMG_0278_20200314175456bac.jpg

リセットされ、形態も考慮しながら車号を割り振りました。


★コーポレートマーク

IMG_0286_202003141804519c3.jpg


こちらも「普通の電車と同じ」です!

窓もなく対比で確認もできませんでしたが、なんとか導き出しました。


★形態合わせ

4050号と4051号は密連とのことですのでそのようにします。

ちょっと修繕して完了です!


IMG_0290_202003141804495f0.jpg

IMG_0287_2020031418045312d.jpg

IMG_0282_202003141804546f2.jpg



ホワイトメタルと思われる台車につけられた車輪はガバガバです。

走行はできますが、連結解結のさいに力加減を注意する必要があります。

目で見てわかるくらい反っていました。

弾性のないホワイトメタルですから、車軸を挟む具合はカッチリ決めないと走らなくなるor車軸が抜けやすくなるという症状が出ます。

集電機能も付加しにくい。

自分のNゲージキットにホワイトメタルの台車が入っているのを見たら、たぶん3Dプリントを選択するでしょう。


ちなみに、こちらの3両は走らせる予定はなく阪急ごっこをするときに情景として使用されるとのことです!
関連記事

Posted on 2020/03/25 Wed. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急4050型 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急3000系の見栄えアップ  

鉄道コレクションの阪急3000系がやってきました!


IMG_0247_2020031418181159c.jpg

いくらか手が入れられているこちら、ヤフオクで手に入れたそう。

クリアー塗装、前面だけ車番、色さし、動力+走行化、ライトのグレードアップパーツ化だけしてあります。


IMG_0248_202003141818129ef.jpg

3150=サイコー編成。

…と呼ばれているかどうかは知らない。

IMG_0249_20200314181814262.jpg

前面床下にはなんだかよさげなエッチングパーツがついています。

受電器とジャンパ線もひとつのパーツのため耐久性も良さそう!

これに今回はナンバーとコーポレートマーク、▽インレタをちゃんと全部貼って、行き先も貼って見栄えアップをしてくれという依頼です。


★全部入り


IMG_0262_2020031418204826a.jpg

IMG_0261_20200314182046166.jpg

「貼る」系が揃っているジオマトリクスの製品です。

2セット預かっていますが、今回依頼の3150編成はありません…。

この製品自体は良さそうです。


★ナンバー

市販品の並び替えでも対応できるナンバーですが、センタリングなどがややこしいため出来上がったインレタがあれば尚可です。


IMG_0115_20200314182625ea6.jpg

白インレタを作る用事があったので、隙間に忍びこませました!


IMG_0263_2020031418205075b.jpg

白▽も忘れずに。

IMG_0260_20200314182051df0.jpg

いいですね!

市販インレタの中にはなんか薄い感じがするものもありますが、私が頼んでいる業者はクッキリ濃く出来上がりますので心なしか存在感も違います。


シールを貼ります。

晩年の伊丹線仕様とのことで、塚口⇔伊丹です。


IMG_0267_20200314182053b13.jpg

いいですね!

これで完成です!


IMG_0268_202003141823278bf.jpg

IMG_0270.jpg

ある程度出来上がっていたとはいえ、床下機器もやらない、ライト点灯化もしない、ツヤツヤ塗装もしない、すみ車らしさはほぼゼロの依頼です。

オリジナルインレタが貼ってあるくらいです。


つまりかなり軽い加工ということですが、阪急の鉄コレの場合はこの軽い加工だけでかなり見栄えは変わりますので是非やってみてください。

ということを言いたい記事でした。
関連記事

Posted on 2020/03/20 Fri. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急3000系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ