FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。嫌韓。

エッチングに挑戦!3 【題材:ウエスタンリバー鉄道煙室扉プレート】  

次はいきなり両面エッチングに挑戦します!



★題材

ウエスタンリバー鉄道の煙室扉プレートにします。

煙室扉プレートとは…


2014_04050130s.jpg

これです!

2014_04050130ss.jpg

2013_10300033s.jpg


4両それぞれ違い、前面で堂々と光輝いて鎮座するプレート。

既製品としてはシールで表現することになっていますが、どうもパッとしないのです。


IMG_0184.jpg

これです。

知らない人が貼ったやつ。(入手先がヤフオクなので)

キレイに丸く切れてたとしても、どうもパッとしない…。

だからなんだか物足りなく、ずっと欲しかったパーツなのです!

真鍮パーツにできればかなり見た目が向上するハズです!

エッチングで窪んだ箇所に色を乗せて磨けば文字のところだけ真鍮の輝きという算段です。

印刷ではない、本物の金属の輝き。

がんばりましょう。



★デザインしよう

本物を真正面から撮影してトレースできればよかったのですが無理だったので、写真を頼りに自由変形(フォトショップ用語)や手書きを駆使したり、似たフォントから描き出します。


RiverFr-PSs.png

「KYOSAN KOGYO」とは福島県にある「協三工業」です。

モーターカーや軽便鉄道の製作を得意としているようで、最近も新しく作られた蒸気機関車は協三工業製だそうです。(わりと最近までミシシッピ号が日本製最新の蒸気機関車だった)

協三といえば同じ読みの京三製作所が鉄道界では有名ですが、関係ありません。

京島技研発祥の地の「京島三丁目」、略して「京三」ですが、こちらはもっと関係ありません。

ディズニーランドでは徹底的に関係ないワードは見えないようにして、まるで「全部ウチでゼロから作りました」みたいな顔をしているようですが、この「KYOSAN KOGYO Co.Ltd,」の主張は生き残りました!


WRR-EditAIs.png

両面ですから裏のマスキングも作ります。

貫通させない部分をマスキングしますから、表と同じ直径のベタ塗りでOKです。

ベタ塗りですから、裏面はほぼイラレのほうだけで描けます。

左のほうにある視力検査で目を隠すアレみたいなやつが裏面です。


★インレタできた

いきなりインレタが出来上がりました!


IMG_0247.jpg

いいですね!

文字は潰れてしまいました…。

太すぎましたかね。

次に作るときはもっと文字を細くしてみましょうか。

これで一旦作ってみましょう。



★マスキング!

小さくした真鍮板の表裏ににマスキングインレタを貼ります。

両面エッチングではこのマスキング作業が出来の良し悪しを決定付けます。

今回の挑戦で一番重要な部分です。

両面ピッタリ合わせないといけませんから慎重に。

目測でうまく合わせられるだろうとタカをくくってましたが、結構しんどいですねぇ。

IMG_0250.jpg

表面は仕上がりになる部分。

マスキングが貼られていない部分がエッチング液で溶かされますから、つまりこのインレタと同じ模様が浮かび上がる感じになります。

IMG_0251.jpg

裏面。

こちらは何もありませんが、高度な両面エッチングになるとこちら側から彫っていく模様もあったりします。

今回はナシ。

そしてこの面だけにランナーがついています。


写真は忘れましたが、エッチング液節約のために空いている部分にこのあとプラサフを塗りました。



★エッチング!

今回は模様を出しますから、以前にも増して撹拌には気を使わないといけません。

撹拌を怠ると模様の刻み具合が均一でなくなり、よくない仕上がりになってしまいます。

特に今回は裏からも責めますから、ちゃんと裏にも回るようにしないといけません。

様子を見ながら、貫通したら完了です!


IMG_0263.jpg

できました!

イイですね!

奇跡的に裏表ずれることなく両面エッチングに成功しました!

ミズーリ号用の28番はひっくり返って裏にくっついてしまいました。

ランナーがか細いからいけないのです。

部品自体は無事です!


IMG_0269.jpg

強力シンナーでインレタを取ったらこんな感じです。

数字がしっかり彫られているのがわかります!


★色塗るぞ

IMG_0284.jpg

リオグランデ号の塗装の近似色、Mr.カラー68番モンザレッドを塗りました。

なんだ、こんなもんか…

とお思いの貴方。

ここからがエッチング彫刻が引き立つところです。

これにサンドペーパーをあてて凸部の塗装を削り取り、真鍮を露出させます。

すると…

刮目せよ。


IMG_0287.jpg

ででん!


うおおおおおおおおおおお!!!!!

きたあああああ!!!!!

狙い通りの素晴らしい出来です!

さっそく機関車に取り付けましょう!

☆ビフォー
IMG_0286.jpg

☆アフター
IMG_0288.jpg

おおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

なんということでしょう!!!

これは誰が見てもビックリするハズです!(わかる人が見れば)

見てくださいよ、真鍮の輝きを!

塗装や印刷ではない本物の金属の輝きを!!

世界に1個しかないパーツ!


IMG_0178.jpg

発売元のトミックスのシールはコレです。

金色は印刷、色もよくわかんないし、文字なんか全然わかんない。

だいぶ明るく撮ってコレです。


IMG_0182_20190121083612eba.jpg

それが自作エッチングパーツならコレです!

全然違います!

ただ!

サイズがちょっと大きすぎますかね~(冷静になって分析もできないと一流になれない)

シールは小さすぎるので、その間くらいがちょうどいい大きさだと思います。


せっかくですから残る3両分も塗装して取り付けてみましょう!

ミズーリ号はMr.カラー7番ミドーリじゃなくて66番デイトナグリーン、コロラド号はMr.カラーオレンジ、ミシシッピ号はMr.カラー7番ブルーを使いました。

ミシシッピ号に関しては近似色ではなくボディカラーと全く一緒です。

ボディ色はアタシが塗ったんで。


ミドーリ号はプレートの色は薄いんです。

本物に敬意を払って薄い色にしました。(ボディカラー対比)


IMG_0209.jpg

おおおおおおおおおおお~~~~!!!

スゲーーーーーー!!!

この差です!



実は別件でコロラド号機関車が来ています。

勝手に取り付けてみましょう。

IMG_0214.jpg

いいですね~!


IMG_0194.jpg

実は別件でミシシッピ号機関車もきています。

ミシシッピ号は以前ウチで改造製作したもので、その中で煙室扉プレートは「何かいい表現方法があるはず、頭にあるのはエッチング」として保留としていました。

今回、ついに願いが叶います!

刮目せよ!!!


IMG_0195_20190121075920114.jpg

おおおおおおおおおお~!!!!!

これでもっとミシシッピ号になりました!!!

両面エッチング挑戦は成功です!

IMG_0205_20190121075923e31.jpg

いいですね~!

正面で堂々と輝くプレート…

みんなが見る正面で堂々と輝くプレート。

これがあれば列車全体までもが引き立つこと間違いナシです!



次回のネタは「煙室横製造番号プレート」です!
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2019/01/21 Mon. 17:00 [edit]

category: 模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: エッチング  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

ペアーハンズ東武20050系21852編成製作記3:その他パーツを描く  

前回は床下機器だけにフィーチャーしましたが、今回の20050系はオリジナルパーツをふんだんに使います。

今回は床下機器以外のオリジナルパーツのデザインです。


★前面行き先表示を光らせるためのパーツ

今回はNゲージ製作で初めて前面行き先表示が光るようにします。

かといってディテールは損ないたくないので、行き先表示専用チップLEDを使ってできるだけ小さくまとめます。


LED-CASE1.png

こんな感じ。


★乗務員室仕切り

私のライト改造は室内がスケスケのままでいられるというのが特徴です。

前から見られることが多い模型ですから、乗務員室仕切りをちゃんと作ることは非常に意味があります。


Tobu20050-CrewRoomWall.png


★運転台

乗務員室が見通せるので運転台も再現できます。

資料をもとに描いていきます。

だいぶデフォルメしないといけませんが、雰囲気は出るハズです!


Tobu20050-Console.png


★ライトケース

もちろんライト点灯化も施します。

ケースは、ホワイトメタル製の前面パーツに合わせるために特別仕様。

Tobu20050-LightUnit.png


★仮配置

前面付近は色んなパーツが目白押し。

実際の配置にしてみて合っているか確認です。

完成のイメージもできます。


Tobu20050-IMAGE2.png


Tobu20050-IMAGE3.png


Tobu20050-IMAGE7.png

いいですね!


★インレタ

インレタのデザインです。

車番はキットに同梱されていないので作るしかありません。


28852EditPSs.png


製作するのは側面のあずき色の車番と昔のマンホール東武マーク、前面の白の車番です。


Tobu-Mark-EditPSs.png


さっそく発注です!
関連記事

Posted on 2019/01/17 Thu. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  ペアーハンズ  東武20050系  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

埼玉楽園鉄道ア・ラ・カルト  

HOゲージの大ジオラマ埼玉楽園鉄道に細々納品したヤツをまとめて書きます。



★電話ボックス


IMG_2897.jpg

エコーモデルの電話ボックスです。

IMG_2898.jpg


ホワイトメタル整形で、表面はボコボコで既に歪んでいます。

下地をちゃんと作らないといけませんが、「新品」をつくるのではなくウェザリングを施して時間が経過した状態にするので、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。


IMG_2917_2018122913572434c.jpg

内側も塗るため、組み立てるよりも先に色を塗ってしまいます。

IMG_2920.jpg

電話本体。

一般的なブルーとしました。

返却口にまで色をさしました。


IMG_2923.jpg

組み立てて汚し塗装をしました。

風雨にさらされサビが流れてしまっています。

サビ本体は茶色系、流れたサビはクリアーオレンジです。

IMG_2924.jpg

いいですね!

IMG_2925.jpg

建物を背にする想定ですので、その面の汚しは抑え目にしてあります!

つや消しを吹いてガラスを取り付けて完成です!



★駅名インレタ

楽園鉄道のメインの駅「小林駅」の駅名票を作ろうと思い立ちました。

小林駅は国鉄時代をイメージしているとのことで、そうなると紺色ベースに白文字。

以前の「横浜線インレタ」を作ったときに、配色が同じだから駅名票も同時に印刷できるなぁと思い付いたのがキッカケ。

楽園鉄道オーナーに確認をとり、駅の柱と本物の駅名票の寸法を拾って原稿を起こしました。

IMG_2931.jpg

普通はシールで表現される駅名票ですが、インレタならシールと違って切り出し方で寸法が変わることはないし、手間も省けるし、シールの「印刷」とは違うから拡大して見てもドットが見えたりしません!


IMG_2930.jpg

ナイスアイデアだと思ってます!


IMG_2934.jpg

この出来です!

すばらしいです!

旅行客も思わずサムズアップしてます!


★電話台


IMG_0285.jpg

エコーモデルの電話台です。(塗装済み品は赤1色で、白い部分はウチで入れた)

形としては完成されていますが、台に掲示されている広告を作ってくれないかと依頼されました。


電話台看板EditAI

フォトショップとイラストレーターでピッタリサイズで作ります。

こういう広告なんかは遊び心をふんだんに盛り込める箇所です。

ひとつは「すみだ総合車輛センター(昭和っぽく)」にしました笑

あとの3つも、楽園鉄道関係者の名前をお借りしました。

例えば車が好きな田中さん(仮名)がいたとして『株式会社オート田中』にしてみたり、レイアウトの地面作りが上手な佐藤トシヤ(仮名)さんがいたとして『佐藤不動産』にして電話番号も『310-1048』にしてみたり。

ちなみにすみだ総合車輛センターは小林駅徒歩2分ではなく、押上駅・東武曳舟駅徒歩10分です。

東武小林駅も実在しません。


IMG_0227.jpg

ナカバヤシの極薄ステッカーに印刷して、裏をエアブラシで白く吹きます。

これで電話台のほうは赤1色で大丈夫です。

ただし粘着力が消えるので、マークセッターを塗って貼りつくようにします。

マークセッターが乾いたらセロテープを貼って剥がしてくっつき具合の確認をしましたが大丈夫でした。

ビクともしませんでした。


IMG_0288_20181226014741dda.jpg



★番外編・すてきなストラクチャー


IMG_2616.jpg

地方駅の駅前には手作りの素晴らしいストラクチャーが並んでいます!


IMG_2617.jpg

一軒一軒記事1つずつぶち抜きで紹介したいくらい本当に素晴らしいです!

広くお見せできる手段がなくてもったいなさすぎます!(楽園鉄道は非公開)


すべてオークションで落としたものだそうで、値段はそこそこです。

皆さんにしたらきっと「高い」と言うかも知れませんが、私に言わせればここまでの腕のモデラーはもっと貰わなきゃダメです。


IMG_2612.jpg

すげーなー。


IMG_2614.jpg

特にこちらの雨宮商店は店内の作りこみがすごい!

ホウキがすごい!

本当に掃けますよコレ。

野菜も1つ1つ作りこまれています!

ダイコンとかすげえええ!


IMG_2613.jpg

完全に負けました!

せっかくウチの近くにいい資料になるこんな感じの店があるのに…。

この雨宮商店に私の「赤電話」が置かれました。

非常におそれ多いです!


IMG_0392-2.jpg

光さえよければ本物と見まがいます!

暖簾とか看板なんてどうやって作ったのかしら。

IMG_0390-2.jpg

そば屋すげえ!

なんか吉本新喜劇のあの店を思い出しました笑

どうでもいいですが私はそば好きです。

うどんも好きです!

でも、ぞうさんもも~っと好きです!

IMG_0386-2.jpg

この壁の質感!

ちょっと挑戦してみようかしら。

IMG_0394-2.jpg

こんな感じです!

こんな素晴らしいストラクチャーの中に私の先ほどの電話ボックスとかが置かれます。

非常に恐縮というかおそれ多いというか…


楽園鉄道は巨大ながら貸しレイアウトではなく個人のものなので非公開です。

出張楽園鉄道と称してJAM出展?

無理です。



もったいないなぁ。

せめてこのブログだけでも!
関連記事

Posted on 2019/01/13 Sun. 15:00 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  ジオラマ  ストラクチャー 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。6:展望客車  

いよいよ真打ちです!



★内装

今回は壁もガラスもほとんどなくシースルーのため、内壁を塗らないワケにはいきません。

複雑な工程で塗っていくことになります…。


IMG_2911.jpg

内壁はウッドブラウン。

床はトニーベージュ。

テーブルとデッキの壁はアイボリー!


IMG_0134.jpg

座席は頑張って手塗りです!

ツヤ消し仕上げになるので筆塗りのムラもわからなくなりました。


IMG_0135.jpg

いいですね!



★外装

外側ボディの順番は複雑です。


IMG_3741.jpg

サフを吹いた後、屋根グレー→雨どいアイボリー→ボディブルー→側面と妻面アイボリーです。

雨どいと屋根の間にあるブルーをキレイに出すためにはこの順番になります。


IMG_3019.jpg

バランスをしっかり見るためにアイボリーよりもダークブルーを先に塗ります。

こちらのほうが平行を取りやすいです。

アイボリーは内側のデッキ部分の壁になるところにも吹きます。


IMG_3327.jpg

片方をゼロから塗りなおしたり笑

しかも3回!!!


IMG_0090.jpg

車掌室側妻面のアイボリーも窓からの距離感を見ながらのためダークブルーの上に色を乗せます。

サフを吹いてその上からアイボリーですので、発色は同じです。


IMG_0092.jpg

じゃん。

とってもキレイに塗れました!

忍者ハットリくんが頭に浮かんだんですが想像力豊かすぎでしょうか。

あっ

スプラトゥーンも浮かびました。

底なしの想像力です。


IMG_0095.jpg

いいですね!

IMG_0098_201812182258352da.jpg

いいですね!

クリアーを吹いて質感を整えるのはインレタを貼ってからです。


★インレタ

インレタを貼ります。

言うまでもなくオリジナルインレタです。


IMG_0111.jpg

慎重に位置を決め、貼ります。


IMG_0114_20181218233945dea.jpg

車番インレタも。


IMG_0112.jpg

こちらは初登場の展望車にだけ貼られているステッカーの一部を模したインレタ。

シール印刷ではボディと同じブルーは出せないし、周りの金色もうまく出ないと思ったから作ってみました。


IMG_0115.jpg

貼りました!

拡大してよく見てみましょう!


IMG_0119.jpg

おおおおおおお!!!!!

出てる出てる、「TOROKKO FAMILY」!

シール印刷じゃ絶対出なかったでしょう、この作戦は大成功です!


IMG_0129.jpg

大きさがわかるように。

左のヤツは定規、1メモリは1mmです。

文字の高さは0.15mmといったところでしょうか。

すげえなあの業者。

いい業者に出会えてツイています!

しかし、あまりにも細かすぎるため、文字がうまく出ていない個体もありました。

それは想定内でしたので、予備をたくさん作って対応しました。


IMG_0136.jpg

いいですね!

中心のマークを貼る前にクリアーを吹いて塗装を締めましょう。

半光沢クリアーをボディ全体に吹き、屋根は1/4クリアーを吹き、塗装は完了です!

ここまでくればほぼイメージはできますね!



次回は組み立てです!
関連記事

Posted on 2019/01/09 Wed. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  さいどらいん  トロッコファミリー号  飯田線 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急7000系を1次リニューアル仕様にしよう3:顔をいじる  

大発会!

今年の年越しは家にいながらついにガキの使いも見ることもなく(録画もなし)、紅白は5秒だけ、ネットのニュース番組と工房の電波時計を見て年を越すというニッチぶり!

どうせ「平成最後の」ばっかり飛び交ってるんでしょう。

来年はどうせ「○○最初の」ばっかりなんでしょう。

同じことを何度も言うのも言われるのもキライなので、「平成最後の」はもう禁止です!




さて、平成最後の年明け第1号記事です。

2019年キーワードにあった「すみれの花咲く頃」、それすなわち阪急のことです。


阪急7000系はだいぶ期間が開いてしまいましたが、この間に色々な試行錯誤をしておりました。

試行錯誤の部分を記事にするだけの余裕はないので結論だけ書いていきます。

今回は顔をいじりましょう。

7000系の改造のおそらく目玉です。


IMG_2759.jpg

理想は再塗装なしで継ぎ目も完全に消すことです。

鉄コレ阪急のボディのマルーンは成型色ですから、接着剤で溶かしはみ出させた部分を平らに削ってクリアーを吹けばわからなくなるのでは…と画策しています。

これができればすごいことです。


IMG_2764.jpg

溶かしシロを設けてほんの少しだけ側面が長くなるような切り方をしました。


IMG_2765.jpg

顔だけが外れているということはライト点灯化改造の下準備がすごくやりやすいということです。

ライトケースがハマるようにヘッドライト付近を削って広くしました。

IMG_2780.jpg

遮光のためのブラックを塗りました。


IMG_2767.jpg

遮光をしないとこんな感じですが、


IMG_2778.jpg

遮光をすればこうなります!

まるーんのような暗い色だからと言って、鉄コレで遮光なしはキツイです。


★トレジャータウン私鉄用標識灯C

ライト点灯化にあたってトレジャータウンのディティールアップパーツを試してみることにしました。(遮光ブラックを塗ってから思いついた笑)

ライトのリムとライトレンズが同梱されており、ライト周りが引き締まります。

特に今回はライト点灯化をしますので、ライトそのものの見栄えが上がるのはすごく意味があります。

しかも、金属で出来ているリムパーツはボディを貫通するように取り付けられるため、光漏れを抑える効果も期待できます。


IMG_0045_201901051414323ca.jpg

穴を広げて取り付けます。



★ステップ

未リニューアル車と同じように見える顔ですが、明確に違うのがナンバーの位置とステップです。

単純な形ですが、3Dプリントの注文が別件であったので3Dプリントで出します。


IMG_0047_201901051418200fc.jpg

トップはブラック、側面と底面はシルバーで塗装。

全体のクリアーを吹いた後にブラックの部分はつや消しブラックでタッチアップをして滑り止めっぽいあの感じにしましょう。


IMG_0050_2019010514181986e.jpg

いいですね!

接着剤固定なので取り扱い要注意。



★ライト仕込む

このあとクリアー塗装などありますが、少し養生すれば大丈夫なのでやりやすい状態の今ライトを仕込んでしまいます。

ライトも時期によって形態があるようです。

今回はヘッドライトはシールドビーム、急行灯は白色です。

快速急行ですので急行灯は2灯とも点灯です。


IMG_0038_20190105142100e59.jpg

材料はいつもの3Dプリントによる遮光ケースと光源の1608チップLEDです。


IMG_0041_201901051429038ff.jpg

取り付けました!

このサイズで乗務員室にスッポリ納まります。


IMG_0048_201901051421038d3.jpg

テストはバッチリ!


IMG_0049_20190105142101588.jpg

いいですね!

お隣どうし光も漏れていません。

光源の位置を微妙にずらし、且つトレジャータウンの金属パーツを使用することで完璧に遮光が出来ています。

お互いたった1.5mmの距離にいるのにです。



次回はこの顔の取り付けもも含めたボディ加工です!
関連記事

Posted on 2019/01/05 Sat. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急7000系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ