すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。

U-TRAINSのHOゲージE233系1000番台京浜東北線を作ろう1  

今日から始まりました新シリーズ!

U‐TRAINSのHOゲージJRのE233系1000番台京浜東北線キットを途中から作ります!

IMG_3178s.jpg

コレです。

光も場所も悪くクソみたいな写真しか撮れませんでした。

コレの真鍮キット。


初めて取り扱うユートレ製品です、まずは色々見てみましょう!


NEC_0450.jpg

ケースもあるとは言え、このボリュームです。

フレームに入りきらない。


NEC_0452.jpg

言うまでもなく真鍮ボデー。

組み立てまでは他の方がやってくれています。

表面もキサゲまでやってくれていると伺ってますが、念のためチェックしたほうがよさそうです。


NEC_0456_20171006131945678.jpg

床板から床下、台車までは組み立てが終わっています。

床下機器はロストワックスのようで、表面はブツブツ。

NEC_0455_20171006131940682.jpg


床板構成はエンドウやカツミと同じで、片台車片側集電。

ユートレは高級品なんですから、この辺も新しい方式を考えるべきです。


IMG_3100.jpg

気になるのは、先頭以外は台車枠は黒、車輪は銀車輪であるということ。

違和感がありまくりです。

編成にしたときに美しくないので、正解の色の床下機器と同じ色に車輪も台車も塗ったほうがいいでしょう。


2017100717120000.jpg

室内の表現として同じユートレの座席パーツセットがあります。

未塗装で、細い手すりの表現もありなかなかの難関です。

しかし室内灯もつくのでコレがあるとないとではだいぶ差が出るでしょう。


NEC_0454.jpg

ヘッドライト、テールライト、方向幕用の基板はすでにできています。

こういう現代水準の既製品を見るのは初めてですので、コレから吸収できるものはしておきましょう。


2017100717200000.jpg

インレタは完璧に揃っています。

何種類か編成を選べますが、わざわざインレタを作ってサイ177編成にしようかと提案したら思いっきり断られました。

(サイ177編成…2014年2月に起きた作業車との衝突脱線転覆事故の被災編成。先に2両廃車され、今はもう編成ごとないそうです。)

屋根のビートの形状からモデルは新津車両製作所製で、収録されているナンバーも全て新津のものです。

そういうわけで川崎重工製のサイ177編成は再現不能です。(しつこい)


2017100717220000-1.jpg

その他細かいパーツもたくさん!


勘のいいかたはお気づきでしょうが、一番手のかかる&仕上がりに大きな影響を与える塗装と車内の組み立てだけが私に投げられた感じです!

これら完遂すればかなりのできばえになると思います!


次回から取りかかりましょう。

IMG_3193s.jpg

一番上の写真は上野で撮ったのですが、上野は色んな電車が見られて楽しいですね。

E233を待っているとき、四季島がきたので慌ててパチリ。

上野の13番線(13.5番線とはあまり言いたくない)に入っていったっぽいです。

北斗星に乗ったときはここから旅立った…
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/25 Fri. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: U-TRAINS  JR  E233-1000  京浜東北線  HOゲージ  鉄道模型 
tb: 0   cm: 0

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。5:グラフィック関係  

あーブログ書く時間がねぇ。

客車の仕上げに行く前に気になる点があったのでまずそちらをば。



★ステッカー

展望車側面にJR東海のキャラクターのステッカーが貼ってあります。

「新幹線ぼうや」というらしいですが、ググっても書籍を読みあさってもJR東海の社員の後輩に聞いても全く手がかりはなく、このキャラクターの詳細は謎。

IMG_3147.jpg


このステッカーはキットに同梱されていますが、解像度が粗くちゃんと表現しきれていないのでステッカーを作ってくれと依頼されました。


クライアント提供のヘッドマークの写真をもとに作っていきます。

2パターンあって、「男の子」と「女の子」を作ります。

そういう意味ではありません。


OTOKONOKO-EditPS-S.png

男の子のほうが描けました。

アンタ速いんだから帽子は脱いだほうがいいんじゃないかしら。

と提言したくなりました。


女の子のほうはほとんど資料がなく、遠目から撮影された写真を手に入れ手作業で描いていきました。

写真は忘れましたがかわいく描けたため感情移入してしまいます!


ところで、この女の子は「こだま号」だと思います。

男の子は「のぞみ号」や「ひかり号」だと思います。

そのこころは、

「えきを飛ばすから」

はい、久々の下ネタきたー!

どかーん!


ZEMBU-EditAI-s.png

プロ仕様ソフト・イラストレーターでサイズをかっちり決めて印刷します。

IMG_3145.jpg

IMG_3146.jpg


家庭用プリンターで印刷しました。

同梱のものよりは良くはなりましたが、うーん、薄い線が出きってない…

同梱のものとどちらがいいか、もしかしたら分かれるかも。

ちなみにこのステッカーのサイズは3mmくらいです。



★インレタ

話は前後します…

実はこの時点で塗装まで終えてインレタを貼る段取りまできていました。

しかし…

インレタは古すぎて貼るのは不可能でした。

文字のように塊になっていればよかったのですが、細く長い線のインレタはわずかにつかない場所があるとそこで曲がってしまい修復不能に陥ります…

今回はそうなってしまっていました…

てなわけでインレタも追加発注です。


CentralJapanRailway-EditPS-s.png

プロ仕様ソフトで原稿作り。

既成のインレタをまじまじ見て思ったことは、「Central Japan Railway」文字が歪んでる、模様の幅(枠の長さ)も狭いということ。

文字は写真からトレースしたのでしょうが、ちゃんと確認しないとダメですぞ。

SideLine-EditAI-s.png


Central Japan RailwayとはJR東海のことです。

Tokai Japan Railwayとか

East Sea Japan Railway(頭悪すぎ)ではなく、

Central Japan Railwayていいですね!

新幹線以外では首都圏を抱えているわけでもなく収益でもEast Japan Railwayに遥かに及ばないのに、いかにも「日本の鉄道の中心的存在です」みたいな感じですね笑



おっと脱線しました。


ところで、先ほどのステッカーの枠と文字はこの金帯と同じ色とみなすことができます。

インレタにすればこの線はもっとハッキリ出るのでは?と思い、インレタ側に枠と文字を収録してみることにしました。


SideMark-Wakudake-EditPSs.png

こういうことです。

救命浮環に見える。

文字はちょっと強調させました。


SideMark-EditAI3s.png

使うかわからない車番も入れてみました。


SideMark-EditAI1s.png

クライアントがもう1セット持っているということで、「その分も頼む」と言われた気がしたので収録、それでもスペースが余ったのでさらに色んな予備を収録。

フルセットは5編成分にもなります笑


いい感じになる気がしてきました!

さっそく注文です!
関連記事

Posted on 2018/05/17 Thu. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  さいどらいん  トロッコファミリー号  飯田線 
tb: 0   cm: 0

天賞堂103系(プラ)DCC化グレードアップ、横浜線誤乗防止ステッカー!3  

いよいよ仕上げに向かいます!


IMG_2481.jpg

写真としては前後しますが、国鉄時代を模すために不要なJRマークを撤去します。

インレタは時間が経つと強固になりますから、テープでは全くビクともしませんでした。


IMG_2484.jpg

ボディを傷つけないように慎重にナイフで削いでいき、

取れました!

ところが…


IMG_2485.jpg

糊がこのように残ってしまいます…

このままではダサいので、魔法の液体を使って糊だけを溶かし拭き取ります。

あまり擦りすぎるとそこだけテカってしまうので注意します。

ですから、魔法の液体なしで擦って糊を取るのはダメです。

テカります。


IMG_2488.jpg

いいですね!

みんながないない言ってるJRマークを惜しげもなく削り取り、リセット完了です!



★方向幕

方向幕は印刷されたと思われるものが用意されています。

行き先は「八王子」のみ、運行番号は「05」「21」「57」です。


IMG_2837.jpg

こちらのシールを使えばバリエーションは増やせますが、なんかフォントがか細いです!


IMG_2869.jpg

21八王子になりました!

ガラスが手前にあるのでリアルです。


IMG_2863.jpg

中間にくるクハはシールから19A(ズレ)八王子にしました!

数字の位置がズレているのがリアルです笑


ヘッドライトにもレンズを入れました。

シルバーのリフレクターが入ったヘッドライトは、消灯状態でもリアルな見た目です!


IMG_2872.jpg

側面も同様です!

ウグイス色の分はあるのですが、スカイブルーの分はなかったので先ほどのステッカーと同じシリーズのものを使用。


IMG_2865.jpg

いいですね!



★車番インレタ

制作したインレタを貼ります。


IMG_2848.jpg

IMG_2849.jpg

IMG_2879.jpg


とても貼りやすくイイ感じです。


サハ103-794号のみ並び替えです。

付属の天賞堂製インレタを使います。

インレタなんてどれも同じだと思っていたら、天賞堂製のは脆いこと脆いこと。

ちょっとでも擦る力が加わったら簡単に文字が崩れます。

肉眼レベルになりますが、どうも厚さが違うようです。

フラット感は確かに天賞堂製のほうがあります。

わたしが制作したほうは天賞堂よりは頑丈ですが、ほんの少し厚いです。


写真はない。



★誤乗防止ステッカー

いよいよ真打ちです!

先ほど出来上がってきました!


IMG_2799.jpg

おお~

IMG_2855-2-2.jpg


いいですね~

文字も読めるし、サイズもバッチリ!

さっそく貼ります!

できたてインレタは貼りやすさ抜群でした!

誤乗防止ステッカー!


IMG_2856-2.jpg

おお~~~

コレですわ~~~ ←本物を知らない

コレこそあの時代ですわ~~~ ←まだ産まれてない



IMG_2866.jpg

これでスカイブルーだからと言って間違って乗ることはなくなります!


IMG_2885.jpg

最後に前面にデカデカと掲げられる「横浜線」プレートをつけて


IMG_2887.jpg

横浜線カマ71編成、完成です!



とは言いつつ、厳密に言えばDCCテストが残っています。

次回、DCCテストと設定をして最終回です!
関連記事

Posted on 2018/05/08 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  103系  横浜線  DCC  誤乗防止ステッカー 
tb: 0   cm: 0

天賞堂103系(プラ)DCC化グレードアップ、横浜線誤乗防止ステッカー!2  

前回のテストの結果を踏まえながら、DCCデコーダーを取り付けます。

せっかくDCCアップグレードするのですから、同時にライト関係も作り直してしまいます。

内容は、
・ヘッドライトの電球色化、高輝度化
・乗務員室内灯の点灯化
・方向幕点灯化


です。



・ヘッドライトの電球色化、高輝度化

ヘッドライトは構造上の欠陥があって点灯しなくなることが多いようです。

しかも、なぜか白色LED…

1つのLEDで2灯を担っているので明るくないし、導光パーツがみえみえで萎えます。

これを特異のチップLEDを使って電球色化、超高輝度化を図ります!



・乗務員室内灯の点灯化

DCCにはヘッドライト、テールライト以外にもONOFFできるファンクションがいくつかついています。

TF4の場合は2つで、その1つを乗務員室の照明にします。



・方向幕点灯化

もう1つのファンクションで方向幕灯をコントロールできるようにします。

先頭に出るウグイス色クハではつけっぱなしが多いかと思いますが、中間に来るクハは色々遊ぶ予定があるとのことなので生かされるファンクションだと思います。


では加工していきましょう。



★3Dプリント品到着


IMG_2785.jpg

3Dプリントを発注していたものが到着しました!

黒成型ですので遮光性能はバッチリ。

コレにさらに光の拡散機能を持たせるためにメッキシルバーを塗りました。

見た目も向上するハズです。


★車体側

プラスチック成型で光がスケスケのままでは各種ライト加工を行ったところで「ただ光るだけ」の粗末な出来になってしまいます。

遮光をしっかり行うことで出来上がりは全然違います。

しかし塗装済み、分解不能というのは遮光をするにはかなり厄介な状態です。

マスキングも現実的でないので、筆塗りしました。


IMG_2816.jpg

これでは乗務員室が真っ黒。

せっかく照明がつくのに…

そこで目を付けたのがガラスパーツ。

これに乗務員室の壁の色を塗れば、黒を隠すことができます。


IMG_2825.jpg

ガラスパーツの存在感も消せて一石二鳥です。


IMG_2818.jpg

乗務員室仕切りも遮光しておきます。

色も塗り直しです。



★電装部品


IMG_1496.jpg

こちらは新しく取り付けるDIGITRAXのDCCデコーダTF4です。

DCC化のキモです。

非動力車用で、ライト関連の前進後進の自動切り替え機能がないモデルです。

以前のH27編成に使用したときにどっちに走ってもヘッドライトがつきっぱなしでビックリしましたが、それは両先頭車のアドレスを変えれば対応できました。

どっちに走ってもライトの点灯状態が同じというのは、過走して修正ごっこをするときに有用でした笑


IMG_2821.jpg

天賞堂103系はDCC対応ということで8ピンが差せるコネクターがあります。

ありがたく利用させていただこうと思いますが、NMRAで定められた規格には当てはまらなずオスコネクターに繋ぐ際には103系の基盤に合わせて並び替えをしないとなりませんでした。


IMG_2819.jpg

裏からライト用のケーブルを引っ張ります。

このケーブルの先端は、最終的にこのあと作る車体側搭載の基盤に繋がれます。


IMG_2828.jpg

DCCデコーダは実車で言うところのATC装置があるところ(運転士の後ろの壁の中)に格納されますので、完全に見えなくなります!

ATC装置があるところにデコーダを入れるなんて、リアリティーもアップですね笑

手で触れるくらいとはいえ熱を持つので、一応熱対策もしておきました。

もともとのヘッドライト用の端子は塗装に埋まってしまいました。

もう使いませんので。



★照明基盤

IMG_2813.jpg


今回は基盤に乗務員室内灯のチップLEDを取り付けます。

同じ基盤にヘッドライト、方向幕灯の回路を集約させます。

基盤を介すことでメンテナンス性も向上、故障もしにくくなるハズです!


IMG_2820.jpg

これがユニットです!


IMG_2827.jpg

組み込みました。


IMG_2835.jpg

前からの見た目はこんな感じ。方向幕が白く塗ってあります。

これは、LEDの光を均等に受け止めてムラなく光るようにするための措置です。

美しく光るようになります。


IMG_2830.jpg

床板側と繋ぎ、正しい位置に基盤を固定したら配線は完了です!


IMG_2939.jpg

このまま閉じたら配線が丸見えですので、透明のプラ板を手すりパーツに引っ掛けて下に落ちてこないようにしました。


IMG_2941.jpg

いいですね!

わかりません!

組み込み完了です!



テストの話はちょっとあとにして、次回はインレタとかのお話です。
関連記事

Posted on 2018/05/05 Sat. 10:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  103系  横浜線  DCC 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急7000系を1次リニューアル仕様にしよう1  

今日から始まりました新シリーズ!

鉄道コレクションの阪急7000系を大改造してくれという依頼です!

IMG_2203.jpg


内容は、
・顔面移植
・走行化
・動力トミックス化
・ライト点灯化
・床下機器を3Dプリント品に
・妻面配管撤去
・ナンバーとか貼り付け
・ツヤツヤ塗装
・その他、軽微なグレードアップするかも


です。

で、7010編成を再現です。

7010-7510-7650-7660-7670-7680-7610(M)-7110


IMG_2218.jpg

いつもの鉄コレといった出で立ち。

顔は似ているもののシャープさもなく、ツヤもありません。

ライトもつかない、走らない、編成になってない…

そんな残念なこちら7000系をコテコテに改造し、誰もが3度見をしてしまうような1本に仕上げます。

内容の詳細は以下の通り。


1・顔面移植

目玉になるかもしれない加工です。

ボディは客扉がデカ窓、顔はもとのままでステップだけがつけられるというリニューアル。

そんな形態にするために顔だけを取り替えるという初の加工。

上の写真のボディに

IMG_2217.jpg

この顔をくっつけるのです。

IMG_2220.jpg

見慣れた顔にこの側面になります。

IMG_2233.jpg

あなたがわたしになる!


2・走行化

鉄道コレクションはディスプレイ仕様の製品ですから、コレを走るようにするための加工をします。

メーカーが想定していることをほぼそのままやるので、真新しさはない項目です。


3・動力トミックス化

あまり注目されない、すみ車自慢の鬼改造。

鉄コレのではなくトミックスのノーマル動力を阪急用に19mに短くしてしまう改造です!

これをすることで走行性能は飛躍的に上がりますし、鉄コレ動力とは違いモーターは窓下に収納され全く見えなくなります。


4・ライト点灯化

これもあまり注目されない、すみ車自慢の改造です。

チップLEDと極細配線を使って高輝度、長寿命、超小型、省エネなライトを取り付けます。

今回はシールドビームです。


5・床下機器を3Dプリント品に

そのままではショボいし似ていない床下機器を、DMMで発売されているものに交換します!


6・妻面配管撤去

鉄コレを長編成にしようとするといつもついて回る問題、妻面配管です。

7110号の配管を撤去し、7610号には逆に配管を取り付けます。


7・ナンバーとか貼り付け

やることは普通ですが、顔のナンバーの位置が違いますので気をつけます。


8・ツヤツヤ塗装

呼んで字のごとくです。

7、8の部分だけでかなり見栄えを上げる効果があり、安っぽさを消すには欠かせない加工です!



以上、鉄コレ阪急車に対してのスタンダードとなりつつある加工です!

次回から取りかかりましょう。

IMG_2229.jpg

あっ

エラー発見です!
関連記事

Posted on 2018/05/01 Tue. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急7000系 
tb: 0   cm: 4

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ